テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/22
  • Motor Fan illustrated編集部

進化するV8ターボ 新型フェラーリ・ポルトフィーノのV8ターボ

Ferrari新型PortfinoのV8ツインターボ[フランクフルト・モーターショー2017]

このエントリーをはてなブックマークに追加
フェラーリのブースには必ず赤いヘッドカバーを持つ最新のエンジンが展示されている。今年のフランクフルト・モーターショーでは、ニューモデルのポルトフィーノに搭載するV8ツインターボだった。

フェラーリ伝統のV8エンジンも、ポルトフィーノの先代にあたるカリフォルニアのモデルライフ途中から(カリフォルニアT)ターボ過給化されている。今回のポルトフィーノのV8ターボは、カリフォルニアTのエンジンをさらに進化させたものだ。もちろん、フェラーリ伝統のシングルプレーンのクランクシャフトをもつ。ボア×ストロークは、86.5×82.0mm。

高強度アルミ合金ピストン、革新的な形状のコネクティングロッド、特殊成形のハイタンブル・インテークマニフォールドを採用。適応着火マルチスパーク機能を持つイオン検出システムを使っているとプレスリリースには書いてある。詳細はわからないが、スパークプラグをセンサーとして利用するイオン検出法でプラグの失火検出を正確に行ない、それに対してマルチスパーク、つまり複数回のスパークをするという意味だろう。その結果、エンジンの全回転数域で燃費を改善できたという。

エキゾーストシステムは、ワンピース構造のエキゾーストヘッダーを使用した新デザインになって排気効率が向上しているという。また各シリンダーの圧力波最適化のためにパイプ長を揃えた一体鋳造エキゾーストマニフォールドとなっている。
オイルポンプは最近のトレンドに則って可変容量タイプ。油圧を最大30%下げられるという。空冷効果を高めたインタークーラーも新デザインだ。

フェラーリが「ゼロターボラグ」を標榜するターボチャジャーは、ツインスクロール式。

エンジン
エンジン形式:90度V型8気筒ターボ
排気量:3855cc
ボア×ストローク:86.5×82.0mm
圧縮比:9.45
最高出力:441kW(600cv)/7500rpm
最大トルク:76-Nm/3000-5250rpm

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated