テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > トヨタ > ノア > アイシン精機、「コンフォートクッション」がグッドデザイン賞を受賞
  • 2017/10/06
  • Motor Fan illustrated編集部

アイシン精機、「コンフォートクッション」がグッドデザイン賞を受賞

ノア/ヴォクシー、エスクァイア、ハイラックス、プラドの純正アクセサリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイシン精機の「コンフォートクッション」
アイシン精機の「コンフォートクッション」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2017年度グッドデザイン賞」(通称:Gマーク)を受賞した。

アイシン精機が2017年度グッドデザイン賞を受賞した「コンフォートクッション」は、自動車の座席に装着し、内蔵された弾性樹脂素材「ファインレボ」の適度な反発力で腰部を心地よくサポートする商品。「コンフォートクッション」は、現在、トヨタの「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「ハイラックス」「プラド」の5車種において純正アクセサリーとして販売されている。


「ファインレボ」は、アイシン精機の寝具・寝装品ブランドASLEEPのマットレスにも使用されているもので、タテ、ヨコ、ナナメの3次元の動きにより、体型にフィットしながらしなやかなツボ押し感覚で腰を支える。

運転席のみならず、助手席、後部座席でも装着することができ、年齢、性別問わず幅広いユーザーが使用できる。

座った時に腰のサポートが効いて自然と姿勢が良くなることに加え、コンパクトで目立たず、シートに置いても違和感がないデザインだ。また、さまざまなユーザーを想定しており、さりげない気遣いが感じられるといった点が評価され、今回の受賞につながった。

今回の受賞で、アイシン精機としてGマークの受賞総数は1961年の初受賞以来、累計で102点となった。

◎デザイナーのコメント
「車のインテリアに馴染み、シートのラインに合わせた違和感ないものを目指しました。上下左右の5つに分かれた部分の形状とそのキルトライン、ボリュームなどシートの機能性(リクライニング、サイドエアバッグなど)を損なわない様にデザインしました」

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated