テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/10
  • Motor Fan illustrated編集部

【東京モーターショー2017事前情報】豊田合成 ~Technology for Goodness~

ゴム・樹脂・LEDの専門メーカーとして各種自動車部品を展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブース全景(イメージ)
豊田合成は、10月25日(水)~11月5日(日)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

豊田合成は、『~Technology for Goodness~「安全で環境にやさしく快適なクルマづくり」に貢献』をテーマに、ゴム・樹脂・LEDの専門メーカーとして各種自動車部品を展示する。

また、今回は次世代コンセプト (2020年頃の自動運転・電動化時代への対応コンセプトモデル)と、将来コンセプト (2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデル)に分けて、自動運転や電動化時代に対応する姿を各種コンセプトモデルで紹介する予定だ。

主な展示品は下記のとおり。

1-1. 次世代コンセプト (2020年頃の自動運転・電動化時代への対応コンセプトモデル)

次世代コックピットモジュール

クルマに運転を任せてリラックスできる室内空間を創出。人と機械(クルマ)が情報のやり取りをするためのHMIとして機能するインストルメントパネルやコンソールボックスを搭載。次世代ステアリングホイールでは、カメラやセンサーでドライバーの状態を検知する機能も備えている。

次世代フロントモジュール

ラジエータグリルなどの外装部品に、自動運転システムを支えるカメラやミリ波レーダなどを内蔵した「グリルモジュール」。運転状態をLEDで周囲に知らせるHMI機能「外装コミュニケーションランプ」も搭載。さらに軽量な樹脂製ボディを採用する。

1-2. 将来コンセプト (2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデル)

Flesby II

(エクステリアコンセプト)
万一の歩行者との接触時に柔らかいボディが衝撃を緩和する安全機能や、LEDの光で周りのドライバーや歩行者などとコミュニケーションする機能などを搭載。また、ボディを変形させるために、電気の力で動く次世代ゴム「e-Rubber」の応用を想定している。

(インテリアコンセプト)
乗員を包み込む柔らかな質感を持つ素材のほか、LEDによる癒しの空間の創出や、クルマと乗員が意思疎通できるコミュニケーション機能を、実際に乗り込んで体感できる。

1-3. 安全・環境ワイヤーフレームデモカー

安全・環境ワイヤーフレームデモカー

各種エアバッグやミリ波レーダ対応エンブレムなど安全性能向上に貢献する製品や、「樹脂フューエルフィラーパイプ」「軽量ウェザストリップ」「車載LED製品」など環境性能向上に貢献する製品の搭載位置や特徴を分かりやすく紹介する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

東京モーターショー2017MotorFan期待度大調査

関連キーワード


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る