テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/11
  • Motor Fan illustrated編集部

ジェイテクト、東京モーターショーで自動運転対応技術を疑似体験

ジェイテクトが体験型360度バーチャルリアティ”JGOGGLE2”を東京モーターショーに出展

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動運転技術の根幹をなす要素のひとつ、パワーステアリングのパイオニアであるジェイテクトは、自動運転対応技術の疑似体験ができるコンテンツを東京モーターショーで来場者に公開する。

10月27日から東京ビッグサイトで開催される第45回 東京モーターショー2017にて、ジェイテクトはJTEKT 360 VIRTUAL REALITY ”JGOGGLE2”による360度映像で同社の自動運転対応技術を疑似体験できるコンテンツを来場者に提供すると発表した。
これは一般人は入れないジェイテクトの伊賀試験場における走行シーンを360度映像で楽しめるもので、ジェイテクトが考える「ドライバーとシステムの意思伝達と協調性をより高める先行技術」を体験できる。 ”JGOGGLE2”で体験できるジェイテクトの自動運転対応技術は下記の3点。

1.高精度舵角制御
 統合制御システムからの操舵意思発生時に、路面状況や車両姿勢などに応じて適切に車両を操舵する高精度制御技術
2.ハンズオンディティクション
 EPSのトルクセンサーによりドライバーがハンドルを掴んでいるか離しているかを検知するセンサー技術
3.操舵権限移譲技術
 センサーを通じてドライバーの運転意志を検知し、自動走行から手動走行へシームレスに移行するシステム

また、未成年者用には”JGOGGLE for Kids”も持ち込まれるので、家族連れでもジェイテクトのブースを楽しめる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【動画】ベンテイガと共に……。

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
【動画】本気のオフロードタイヤ「TOYO オープンカントリーM/T」を全方位テスト!