テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/22
  • Motor Fan illustrated編集部

V2G:三菱自動車、アウトランダーPHEVを使った電力系統安定化サービスをオランダで開始

欧州でも注目されるビークル・トゥー・グリッド技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱自動車は、欧州最大の電動車両向け充電サービス事業会社であるオランダのNewMotion社(ニューモーション)、オランダ国営の送電事業者 TenneT 社(テネット)とともに、ビークル・トゥ・グリッド(Vehicle to Grid/V2G)技術を利用し、『アウトランダーPHEV』の車載蓄電池を活用した系統安定化を目的とする実証実験を開始する。
実証スキームのイメージ

V2Gとは、電動車の車載蓄電池を束ねて電力グリッド向けに充放電を行ない、需給調整に活用することをいう。
三菱自動車はオランダで、累計25000台以上のアウトランダーPHEVを販売している。

今回の実証実験は、具体的には、ニューモーションがアムステルダム市の家庭や勤務先に新たに設置する10台の電動車用充放電チャージャーに、停車中の『アウトランダーPHEV』を接続し、不意の電源喪失や電力周波数の調整に備えるために用意された予備電力市場向けにサービスを提供するものだ。

欧州では2015年に採択された「パリ協定」により温室効果ガスの削減をさらに加速すべく、再生可能エネルギーの積極的な導入促進策が維持・強化されている。今後、化石燃料による発電の代替として自然条件に大きく左右される太陽光や風力等の再生可能エネルギーが大量に送電系統に流れ込むことから、系統の安定化が大きな課題となっている。
さらに、英仏両政府が、2040年以降化石燃料車を販売禁止する方針を掲げ自動車の電動化の流れが加速するなかで、充電が電力インフラに与える負荷を軽減する新たな仕組みが求められている このような課題の解決策として車載用蓄電池を電力グリッド向けに充放電するV2G技術が注目されている。
三菱自動車は、本実証を通じて電動車/車載蓄電池を活用した新たな価値、事業機会の創出を目指す。

NewMotion社(The New Motion B.V.)

(1)本社所在地:オランダ・アムステルダム
(2)創立:2009 年

(3)事業内容:電動車用充電器の販売 及び会員向けに自社/他社が管理する充電サービスの提供等。既存会員は約10万、欧州に5万台の充電器ネットワークを有する。2017年10月にシェルに買収され、シェル子会社として営業を続けることとしている。
(4)代表者:CEO Sytse Zuidema

TenneT社(TenneT Holding B.V.)
(1)本社所在地:オランダ・アーネム
(2)創立:1998年(前身の Association of Electricity Producing Companiesは1949年設立)
(3)事業内容:オランダやドイツに於ける送電事業
(4)代表者:CEO J.M. (Mel) Kroon

Nuvve社(Nuvve Corp.)
(1)本社所在地:米国・サンディエゴ
(2)創立:2011年
(3)事業内容:電動車両と電力網間の電力需給バランスシステムを運営する。米国、デンマーク、フランス、英国、オランダに展開している。
(4)代表者:President and CEO Gregory Poilasne,

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated