テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/10/23
  • Motor Fan illustrated編集部

ジェイテクト、低トルク化技術を採用した低トルク軸受「LFTシリーズ」がラインナップ

エネルギー損失低減に貢献するジェイテクトの軸受

このエントリーをはてなブックマークに追加
LFTシリーズの製品ラインナップ
ジェイテクトは、自動車用の円すいころ受け(TRB)で培ってきた低トルク化技術を採用する軸受「LFT(LFT=Low Friction Torque)シリーズ」をラインアップに追加。

摩擦と潤滑に着目し、軸受の低トルク化を追求してきたジェイテクトは、自動車用の円すいころ軸受(TRB)で培ってきた低トルク化技術を他の軸受品種にも適用し、低トルク軸受「LFTシリーズ」としてラインナップ。ジェイテクトが誇る低トルク化技術を盛り込んだ軸受を自動車の様々なパーツに利用することで、エネルギー損失低減に貢献するというもの。
ジェイテクトはその前身である光洋精工時代から研鑽を重ね、円すいころ軸受の内輪つば面ところ大端面のすべり摩擦を低減し、自動車の燃費向上に貢献する低トルク円すいころ軸受「LFT」を世界で初めて開発。円すいころ軸受を「LFT-Ⅱ」/「LFT-Ⅲ」/「LFT-Ⅳ」と進化させてきた。
「LFTシリーズ」は、これまで円すいころ軸受の開発で培ってきた低トルク化技術を、玉軸受や針状ころ軸受、ハブユニットといった他の軸受品種にも適用するもので、トランスミッションやディファレンシャルを中心に自動車のエネルギー損失低減に貢献する低トルク化軸受の製品群となる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る