Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

安全と利便に貢献するHMI製品として、レクサス新型LSに搭載 デンソー開発の世界最大の大画面ヘッドアップディスプレイ、新型レクサスLSに搭載

  • 2017/10/31
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型HUDによる表示イメージ

高級車から搭載が進むHUD。HUDとはヘッドアップディスプレイのこと。ドライバーが視線の動かさずに必要な情報を得られるのがHUD。新型レクサスLSに搭載されるHUDは、デンソーが開発。世界最大となる約24インチの表示サイズがセリングポイントだ。

デンソーは、運転に必要な情報をフロントガラス越しに表示し、ドライバーに伝えるHMI(Human Machine Interface)製品として、新型のTFT液晶ヘッドアップディスプレイ(以下、HUD)を開発した。自動車用としては世界最大となる約24インチの表示サイズで、レクサス新型「LS」に搭載される。

FIGURE:LEXUS

今回、デンソーが開発したHUDは、ドライバーから見て、約3メートル前方に24インチの大画面を投影させることができ、ドライバーは運転中に視線を大きく移動させることなく、直感的に必要な情報を得ることができる。車速や道路の制限速度といった基本的な情報に加え、車両周辺センサーやカーナビゲーションと連携することで、車両前方の歩行者をドライバーに知らせるための表示や、進行方向を矢印で表示する「レーンガイダンス」が可能となり、安全と利便に貢献している。

さらに、ドライバーの運転を妨げないよう、各種表示の位置、色調などに配慮しているほか、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保した。

HUDは、ドライバーの視線移動が少なくて済むため、安全に貢献できる技術として期待されており、今後さらなる普及が見込まれている。デンソーは1991年以来、HUDを生産しており、今後も、HUDをはじめとする安全分野の各製品の開発・供給を通じ、交通事故のない社会の実現を目指していく。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ