テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/11/08
  • 遠藤正賢

【2017学生フォーミュラ協賛企業・オートテクニックジャパン(ATJ)】学生フォーミュラの競技内容は即戦力の自動車開発エンジニアとなる最短ルート

フォーミュラ・ニッポンFN06にホンダNC750Xのパワートレインを搭載した「FN06バージョンATJ」を出品

このエントリーをはてなブックマークに追加
FN06バージョンATJ
世界中の学生たちがフォーミュラカーで速さを競うのみならず、ビジネスモデルの企画から車両の設計、コスト計算、そして製作まで行い、そのクオリティを争う「学生フォーミュラ」の日本大会「全日本学生フォーミュラ大会」(主催:自動車技術会)。今年で15回目となる同大会には総計148社もの自動車関連企業が協賛し、学生たちの熱き戦いをサポートしている。その中で、9月5~9日に行われた本戦の会場・小笠山総合運動公園(通称エコパ。静岡県掛川市・袋井市)にブースを出展していた協賛企業をピックアップし、出品内容と未来の社員獲得に向けた想いを紹介する。

学生フォーミュラへにブースを出展したのは今回で4回目になるというオートテクニックジャパン(ATJ)は、ホンダや日産などからの商品開発テスト受託のみならず、試作・組み立て、CAE解析、部品設計なども担っている。

今回の学生フォーミュラには、フォーミュラ・ニッポンFN06の展示用エンジンレスシャシーにホンダNC750Xのパワートレインを搭載した「FN06バージョンATJ」を出品。国内フォーミュラカーレースの頂点に位置するマシンとあって、特に学生から注目を集めていた。なお、このマシンは同社有志が走行可能なモデルとして製作したもので、浅間ヒルクライムへの参戦を計画しているという。

そのATJが、学生フォーミュラに協賛する狙いとは。同社事業管理部総務課課長の佐藤雅則さんに聞いた。


--貴社が「学生フォーミュラ大会」に協賛した理由は?

佐藤 この学生フォーミュラには優秀な学生が多く集まりますので、求人活動を見据えた当社のPRのため、ブースを出展しております。

--学生フォーミュラ大会に参加した学生、自動車業界への就職を検討している読者学生に向けた企業PRコメントをお願いします。

佐藤 当社は栃木県にあるホンダ様のテストコースで多くの従業員が商品開発テストに従事する一方、一般企業を対象としたドライビングレッスンなども行っています。

また、この学生フォーミュラでは、「FN06バージョンATJ」を出品することで、二輪車用パワートレインをフォーミュラカーに搭載するうえでのヒントを学生に提供できたらと考えています。

--貴社が考える「学生のうちにやっておくべきこと」とは?

学生フォーミュラにおける一連の競技内容は、自動車の開発プロセスと全く同じです。ですから、マシンの開発や実戦を通じて、いろいろ苦しみ楽しんで、トラブル対応を経験してほしいですね。

これらの経験がそのまま将来につながることは間違いありません。即戦力の自動車開発エンジニアになれる土壌がここにはあります。そんな学生の方に、ぜひ当社に来てほしいと思います。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る