テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/11/15
  • Motor Fan illustrated編集部

“ダイズ”から“ザイス”へ:フォードの再利用技術のカギとなった大豆製発泡フォーム

2011年から米国生産のすべてのフォード車に使われている大豆由来の発泡フォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
マテリアル・サスティナビリティ部門テクニカル・ディレクターのデビー・ミレフスキー氏
大豆は我々にとって非常に身近な存在だ。多くの人が毎日摂取している。だがなかには大豆に「座っている」人もいるということを知っている人はあまり多くないだろう。

2008年のマスタングにに初めて大豆製発泡フォームがシート用クッションに採用されてから10年になる。2011年からはアメリカで生産されたすべてのフォード車のシートクッションや背もたれ、ヘッドレストなどにこの素材が使われているのである。

1800万台以上を生産、数にして0.5兆個以上の大豆を使った今、フォードは約1億キログラム分の二酸化炭素排出を削減していることになる。北カロライナ州立大学によると、これは一年間で約400万本の木によって吸収される二酸化炭素の量に匹敵するほどだ。
「バイオマテリアルを有効活用するという考えはフォード創業者ヘンリー・フォード氏が1940年代から構想していたものだ。私は2000年初頭よりずっと石油由来のプラスチックに代わる植物由来の代替物を探してきており、フォード氏が抱いていた構想をライフワークに出来ていることを誇りに思う」とマテリアル・サスティナビリティ部門テクニカル・ディレクターのデビー・ミレフスキー氏は言う。

「大豆はフォードのサスティナブル・マテリアル開発の第一歩だ。すでに市販車では大豆のほかに麦、米、ヒマシ、ケナフ、ジュートやココナッツなどが使われている。これらから由来する部品を車両に使うことで温室効果ガスを削減するだけでなく、車体の軽量化にも貢献し燃費の向上にも繋がった」
フォードはこれからもこのようなサスティナブル・マテリアルの開発・応用において産業界のリーダーとしてあり続けるつもりだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー