Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

2020年にEVを導入、FCVのフィージビリティスタディの対象を商用車まで拡大 トヨタ、中国で2020年にEVを導入。車両電動化に向けた取り組みを加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
完成したTMEC内水素ステーショ

トヨタ自動車は、中国においてトヨタブランドの電気自動車を2020年に導入するとともに、燃料電池自動車(以下、FCV)のフィージビリティスタディの対象をバスなどの商用車まで拡げることを発表した。

現在、トヨタは「カローラ」および「レビン」のプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の導入に向けた開発を進めており、今回発表したEV導入とFCVフィージビリティスタディの対象拡大と併せ、中国における車両電動化への取り組みを加速させていく。トヨタの専務役員で、中国本部長である大西弘致(ひろぢ)は、本日から開催されている広州モーターショーにおいて、
「ハイブリッドで培った技術を活かし、中国で求められる新エネルギー車の開発を全方位で進めていく」と語った。新エネルギー車は、電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車が対象となる。

FCVについては、「TMEC(トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社/Toyota Motor Engineering & Manufacturing (China) Co., Ltd. 略称)」内に新たに水素ステーションを設置し、10月より「MIRAI」2台による3年間の実証実験を開始している。商用車分野においては、日本で燃料電池バスを発売、米国ではFCシステムを搭載した大型商用トラックの実証実験を進めているが、今回中国でも、バスなど商用車までフィージビリティスタディの対象を拡げ、中国でのFC(燃料電池)技術の応用可能性を探っていく。

トヨタは現在、オーストラリア、アラブ首長国連邦、カナダなどの国においても、試験的な導入による実証実験を進めており、さまざまな環境下での実証実験を通じ、水素社会の実現を目指していく。

トヨタは従来より、全方位での車両電動化を進めており、中国においてもハイブリッド・ユニットの現地生産化を進めるなど、現地に根差した車両電動化への取り組みを進めている。現地生産のハイブリッド・ユニットを搭載する「カローラ ハイブリッド」「レビン ハイブリッド」は、本年累計10万台程度の販売を見込んでいる。

また広州モーターショーでは、中国でのTNGA*3第1号車である「カムリ」に続き、新開発2.0LのTNGAエンジン搭載のTNGA第2弾「小型SUV(車名 : 「IZOA」/「C-HR」)」を、来年半ばに導入することも発表した。今後も車両電動化に加え、魅力あるクルマの導入も加速させていく。

TMEC内水素ステーション概要
名称:TMEC水素ステーション
所在地:江蘇省 常熟高新技術産業開発区内
敷地面積:280.20m2
水素供給:オフサイト式
充てん方式:差圧充てん方式
充てん圧力:70MPa
特徴:SAE J2601準拠

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ