Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

三菱重工グループのプライメタルズテクノロジーズ、イタリアのフェリエラ・バルサビア社向け棒鋼圧延機用ビレット溶接システムを受注

  • 2017/12/01
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
プライメタルズテクノロジーズのビレット溶接システム「ERT-EBROS」。同タイプのシステムをイタリアのブレシア県オードロのフェリエラ・バルサビア社に納入予定。

プライメタルズテクノロジーズ(PrimetalsTechnologies)は、イタリアの鉄鋼メーカーであるフェリエラ・バルサビア社(FerrieraValsabbiaS.p.A.)から、同国北部のブレシア県オードロ(ベローナ市近郊)の工場向けに、既設の棒鋼圧延機用の設備としてエンドレス圧延用ビレット溶接システム「ERT-EBROS」を受注したと発表した。今回の受注は、工場の生産量と稼働率の大幅な改善を目的としており、本システムによって圧延用素材であるビレットを連続溶接することで、高品質製品の一貫連続圧延を可能とするものです。イタリアで初めて導入される本溶接システムは、2018年9月に稼働開始予定だ。

1954年に設立された民間企業であるフェリエラ・バルサビア社は、電気炉(EAF)を主体とするミニミルを操業し、コンクリート用鉄筋の圧延生産用の素材であるビレットと棒鋼を年間約90万トン生産する能力を有するイタリア大手の鉄筋メーカーだ。既存の棒鋼圧延機は、2007年から2008年にかけて当社が納入したもので、ビレット用の溶鋼充填システムのみならず、2条スリット圧延モードで毎秒最大29メートルの圧延速度が可能な棒鋼単体高速搬送システムも装備。断面150ミリ角(将来的には160ミリ角にも対応予定)、長さ9メートルの低炭素鋼ビレットを加工して直径8〜40ミリの鉄筋を生産、さらに2条スリット圧延モードでは直径8〜20ミリの鉄筋を生産できるように設計されている。

今回投入する溶接システムの設計年産能力は90万トンで、これにより連続的に接合されたビレットは、エンドレス圧延が可能となり、これまでのビレット単体の圧延加工と比較して加工時間および生産能率が大きく改善するとともに、冷却床の使用効率も向上して運用自由度も増えることから、コイル重量のカスタマイズも可能になる。本溶接システムはビレット加熱炉と圧延スタンドとの間に設置され、急速集中加熱によるフラッシュ溶接でビレットを連続溶接します。これにより固体状態のビレット同士の接合が可能となるため、溶加材を使用する必要がなく、すべてのプロセスパラメータをリアルタイムで制御するダイナミックフラッシュ制御システムにより、高い接合品質を実現するだけでなく、エネルギー消費を減らしながら材料歩留を向上させることも可能だ。

ハードの周辺機器として、溶接終了に伴い溶接ヘッドが上昇した後、接合部のバリがセルフクリーニング式バリ除去設備(デバリングステーション)で除去される。このバリ除去設備は溶接ユニットとは独立して稼働するため、サイクルタイムには影響しない。さらに、プロセス品質を維持するために搭載されるアクティブスパッタ保護機能は、機械や電気装置を溶接スパッタから保護して、部品寿命を延長し、円滑なメンテナンスを実現する。

電気システムとしては、コンパクトかつ信頼性が極めて高い一体型の高周波変圧器をコア機器として採用しており、メンテナンスフリーでエンドレスに溶接を継続することが可能だ。安定して持続可能なプロセスフローには電圧の安定化と制御時間の短縮が不可欠であることから、サイリスタ回路の10分の1の時間で電流制御を行い矩形波電圧を生成するコンバーターと、各変圧器には高周波の矩形波電圧を安定的に一定のDC電圧に変換する半導体とが実装されている。

今回のビレット溶接システムで、三菱重工はバリ除去設備(デバリングステーション)、払い出しシステム、ピンチロールやせん断機、ローラーテーブルなどの付属設備を含むビレット溶接システム「ERT-EBROS」一式に加えて、流体システム、電気機器およびオートメーションシステム、溶接制御用技術パッケージ、温度損失を補うために圧延機スタンドの手前に据え付けられる誘導炉を供給し、プロジェクトのエンジニアリング、さらに新設機器の組立と試運転も担当する。

プライメタルズテクノロジーズ(PrimetalsTechnologies,Limited)は本社を英国、ロンドンに置き、金属鉄鋼産業にとって、エンジニアリングやプラント建設全般の、世界的リーダーかつライフサイクル・パートナー。プライメタルズテクノロジーズは電機、オートメーション及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供する。鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野部門にも最新の圧延ソリューションをお届けします。プライメタルズテクノロジーズは三菱重工グループで、株式会社日立製作所、並びに株式会社IHIが資本参加している三菱日立製鉄機械と、シーメンス・グループのシーメンスVAIメタルズテクノロジーズ社の統合により発足した。出資比率は三菱日立製鉄機械が51%、シーメンスが49%。従業員数は全世界で約7000人。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ