テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/12/19
  • Motor Fan illustrated編集部

【牧野茂雄の自動車業界鳥瞰図】 「災い」を「福」に転じる知恵を

「ものづくり」日本を取り戻すために必要なのは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
応用科学研究所で見せていただいた金属素材の断面。中央部は変析、介在物の集合、ボイドの存在などで低い品質になる。これを鍛錬で叩き潰し、細かく分散させ、熱処理で組織を整えてはじめて、まともな鋼材になる。しかし、その努力はコストアップになるうえ品質証明書には反映されない。強度が求められる部分にこのままの素材を使ったらどうなるか。産業界全体から過剰品質が嫌われた結果のように思う。
神戸製鋼が長年にわたって製品データの改ざんを行なっていた。日産とスバルは完成車検査を無資格者にやらせていた。製品の行方がつかめないという点で神戸製鋼の品質データ問題は、日本の地位失墜を招きかねない。無資格検査も制度の根幹を揺るがす事件である。日本は将来も「ものづくり」で生きてゆけるだろうか?
TEXT◎牧野茂雄

日本製鋼材は世界的にも信頼度が高い。しかし、金属素材を研究する方々はずいぶん前から堕落を指摘していた。本誌に歯車技術を連載されているクボギヤテクノロジーズ代表の久保愛三博士(元京都大学教授)もそのおひとりである。私は10年ほど前に久保博士からこう告げられてショックを受けた。

「牧野はん、日本の金属もかなり怪しうなってきよった。韓国や中国のことをもう笑っておられん。以前はJIS規格の真ん中をねらって作っておったが、いまじゃ下限ギリギリなんていう製品も多いんよ」

久保博士の現在のおもな仕事場である応用科学研究所では、さまざまな分野の企業から依頼された歯車の検証を行なっている。表面状態の検査、高度検査、形状精度測定、内部X線計測、冶金……金属の組成から設計・製造、さらに使用過程までのすべての段階での製品検査と、目的に応じた歯車の設計を同じ場所で行なえる施設は、おそらく日本では応用科学研究所だけだろう。世界各国の機械系技術者諸氏と話をしても「そういう組織はいままで聞いたことも見たこともない」とおっしゃる。

金属組成の不均一や微細な異物の混入、もともとの設計の配慮不足によって想定外の破損事故を起こした歯車の例を、私は久保博士からいつくも見せていただいた。

「これ、見てみなはれ」

久保博士が実体顕微鏡にサンプルを置き、私に見せてくださった。見た目にはキズなどないような金属片だったが、拡大すると不思議なものが見えた。「製造段階での偏析や介在物が混ざり合って変な組織になっておるんよ」と久保博士はおっしゃる。周囲の金属とはまったく違う色をしているその部分は、金属をスライスした試験片ではなく、連続鋳造された分厚い板状の鋼製品、いわゆるブルームの切断面である。

「ほら、ここには連続したキズがあるやろ。何かを転がしたような直線キズやけど、規則的な破線になっとる。低周波成分をカットするとよう見えるんよ」

素材表面のキズは、加工すれば消えるというものではない。自動車用の薄板を作る圧延の工程は何度か見学したことがあるが、500mm厚のスラブを1mmの薄板にすると、表面にある1mmのキズは500mmの長さになる。圧延のためにスラブを再加熱しても消えないキズがある。内部の空洞も同様であり、厚みを均等に500分の1にする工程で消えずに内部に押しとどめられるものもある。

「組成になるともっとややこしいんよ。たとえばクロムモリブデン綱は、モリブデンが高価な添加物やからできるだけ減らしたい。代わりの安い添加物であるマンガンで性能を出そうと考えるんやけれど、所詮、代用品は代用品や。製造工程で少しばらつきが出てもいいように、昔は余裕を持って組成設計しておった、バラついてもJIS規格の中間値には収まるように考えとった。しかしやなぁ、いまは設計そのものがJISの下限ギリギリなんよ」

思うに、これは素材供給側と購入者の間の暗黙の了解である。製造原価を抑えたいという理由で素材コストが厳しく問われ、素材供給側はその要求を呑まざるを得ない。「無理です」とは言えない。「良いものは高い」は常識なのだが、購入者に「だったらよそから買う」と言われれば道理を曲げるしか手はない。神戸製鋼の製品データ改竄は言語道断の行為だが、私は情状酌量の余地ありと思っている。

誤解を恐れずにあえて言う。低価格化を強いられる鋼材や汎用自動車部品にはもはやカルテルが必要だ。これ以上の値下げ要求は害をもたらすだろう。神戸製鋼のデータ改ざんも根底にはコストプレッシャーがある。そして、安い素材を仕入れて作られる自動車部品は、原材料費・加工費・水道光熱費・人件費・設備費の合計が販売価格の98%を占めるなどという例はティア1(一次下請け)でもざらにある。ティア2以下の下請けの実態は推して知るべし、だ。
 いまの日本で売られている金属素材について久保博士は、こうおっしゃる。

「専門が細分化しすぎておるんよ。形状精度を測る人は金属の中身を知らん。冶金学の人に形状精度や製造現場を知っている人はおらへん。密接に関係し合っているのに、すべてを知っている人はおらん。いても少数や。問題が起きた現物を調べろと言われてもできないのが現状なんよ。ものすごく噛み砕いて分野を分けると、それぞれにエキスパートはおる。しかし、パッと物を見て推測できる人がおらへん。昔はそういう人がたくさんおった。だから日本はものづくりで成功できたんよ」

(次ページへ続く)

人間はミスを犯す。しかし悪意のないミスは寛容であるべき

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る