テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/12/28
  • Motor Fan illustrated編集部

スズキ新型スペーシアにフロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ! デンソーが開発 

スズキ 新型スペーシアにオプションとして採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
デンソーは、運転に必要な情報をフロントガラス越しに表示し、ドライバーに伝えるヘッドアップディスプレイ(HUD)を軽自動車向けに初めて開発した。2017年12月14日に発売されたスズキの新型スペーシアのオプションとして採用された。

ヘッドアップディスプレイは、ドライバーの視線移動を少なく抑えることができるため、安全運転技術のひとつと捉えられている。もともとは航空機、とくに軍事分野(つまり戦闘機)のコックピット技術のひとつとして研究、実用化された技術である。

自動車でも採用が進んできたが、これまでHUDは、搭載性やコストが課題となり、搭載は高級車を中心とした一部の車種に限られていた。

また、HUDも、フロントガラス投影式と、簡易型と言ってもいいコンバイナー式のふたつのタイプが存在する。もちろん、フロントガラス投影式のほうが高価で、「高級車=フロントガラス投影式」「普及車=コンバイナー式」という図式ができあがっていた。

デンソーは、新型LSに世界最大の大画面HUDを開発、採用されている。

今回、デンソーが開発したHUDは、フロントガラスに合わせた最適設計を追求して、部品点数の削減等を行ない、軽自動車の限られたインパネスペースへの搭載を可能にした。

高級車から、普通車(Cセグ、Dセグ車)を飛び越えて、なんと軽自動車にフロントガラス投影式HUDが登場するとは、驚きだ。


デンソーは1991年以来、HUDを生産しており、今後も、HUDをはじめとする安全分野の各製品の開発・供給を通じ、交通事故のない社会の実現を目指していくという。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated