テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/08
  • 遠藤正賢

ダンロップのトラック・バス用ロングライフオールシーズンタイヤ「SP680」2月より販売開始!

ライフ性能が20%以上アップ、ヒールアンドトー摩耗発生量が45%低減

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンロップSP680
住友ゴム工業は12月18日、ダンロップのトラック・バス用ロングライフオールシーズンタイヤ「SP680」を2月より順次販売開始することを発表した。
ライフ性能と耐偏摩耗性能を向上させたトレッドパターン
ウエット性能とブロック剛性を高次元でバランスさせる波形サイプ

トレッドには、走行時のパターンの変形を抑制する「ロック・ブロック」を採用。ランド比を7%増加させることで、ライフ性能と耐偏摩耗性能を向上させた。さらに、ブロックの中心を横切る波形サイプにより、ウエット性能とブロック剛性を高次元でバランスさせている。

ショルダー部の接地圧を均一にコントロールする「スクウェア・コンタクト・テクノロジー3」
カーボンとポリマーの絡み合いを強固にして耐摩耗性を向上させる「S.A.微粒子カーボンIV」

また、ショルダー部の接地圧を均一にコントロールする技術「スクウェア・コンタクト・テクノロジー」をさらに進化させ、ショルダーエッジ部にあった接地圧を均一化することで、耐偏摩耗性能を向上。コンパウンドには「S.A.微粒子カーボンIV」を採用し、カーボンとポリマーの絡み合いを強固にすることで、耐摩耗性を向上させた。

これらの結果、従来型「SP670」に対しライフ性能を20%以上高め、ヒールアンドトー摩耗発生量を45%低減している。

サイズは215/70R17.5 123/121J~315/80R22.5 156/153Jの計18種類。価格はいずれもオープン。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated