テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/11
  • Motor Fan illustrated編集部

UL:EV/HV用試験設備「EHV Chamber」を新設

欧州メーカー要求の車載高電圧製品向け電気試験にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.の日本法人である株式会社UL Japanは、2017年6月に愛知県みよし市に開所した自動車業界向け試験所オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)内に、国内初となる電気自動車およびハイブリッド自動車(EV/HV)部品向け固定型ダイナモメーター搭載電波暗室「EHV Chamber (Electric & Hybrid Vehicle Chamber)」 を新設する。

この新設備により、既存の高電圧対応電気試験に加え、EV/HV向け試験をワンストップでサービス提供することが可能となる。ULはEV/HV市場拡大に備える国内車両メーカーおよび部品メーカーの試験期間の短縮を実現し、開発体制のサポートをさらに強化する。

2016年10月に国際規格「CISPR 25:2016 Edition4」が正式に発行され、Annex IにEV/HVに搭載される高電圧電源製品の評価方法が新たに追加された。EV/HV用車載部品の製品化段階において、走行中を模擬した実負荷試験が要求される。

2018年第3四半期に稼動予定の「EHV Chamber」は、最高トルク 125Nm、最高回転数12,000rpm、動力吸収容量170kWまでの実負荷の再現が可能。さらに、ATC
では欧州メーカーが電気自動車に要求する電気試験(LV123、LV124、LV148、ISO7637-4)も提供しており、近年増加傾向にある車載向け高電圧製品にも対応。ATCは前述のふたつの最新試験をワンストップでサービス提供できる国内唯一の試験所となる。

米国・欧州が排ガス規制および燃費規制を開始するなど、現在各国の次世代自動車普及へ向けての対策が急速に進んでいる。国内各車両メーカーおよび部品メーカーも、EV/HVに付随する試験要求に対応すべく、迅速に体制作りを進めている。

ULは、最先端試験設備であるEHV Chamberの導入を通じて、EV/HV市場拡大に備え
るメーカー各社の試験/開発体制構築をサポートするとともに、次世代自動車の
普及と、自動運転技術の実現に貢献し、未来のクルマに対するトータルソリュー
ションを提供していく。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る