テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/29
  • Motor Fan illustrated編集部

ボルボ:シェブデ工場が気候変動ニュートラルサイトとして稼働

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボカーズ・シェブデエンジン工場
ボルボカーズ初めての気候変動ニュートラルサイトとして、スウェーデンのシェブデエンジン工場が稼働している。同工場は2018年1月1日より、再生可能な暖房システムを導入している。

ボルボカーズの生産設備のなかでは、同社が示した「2025年までに世界中の生産設備において気候変動ニュートラルを目指す」という指針に対してシェブデ工場が最初にこれを達成している。また、欧州域を眺めてもこの要件を満たしているのは同工場を含めて数カ所しかない。

生産および物流担当シニア・バイス・プレジデントのJavier Varela氏

「エネルギー効率を改善させることは、私たちの最優先事項です。エネルギーを用いるために、われわれは再生可能な資源をエネルギー源とすることを目指しています」

そう語るのは、生産および物流担当シニア・バイス・プレジデントのJavier Varela氏だ。

「シェブデ工場の今回の達成は、われわれの環境負荷低減諸策にとって非常に大きな意義があります。気候変動ニュートラルサイトを立ち上げられたことで、自動車生産業界において先鋭者となれたことを喜ばしく思います」

ボルボカーズと地元企業との間で、暖房用のエネルギー源として消却ゴミ、バイオマス、そしてリサイクルバイオ燃料が取り交わされる合意が新たになされた。ちなみに2008年以来、シェブデ工場は同社のほかの工場同様、電力は再生可能エネルギーから供給されている。

「これはシェブデ工場とボルボカーズ、ともに喜ばしいことです」と、サステナビリティ・ディレクターのStuart Templar氏は言う。「地球環境への配慮はもっとも根源的な価値のひとつです。2019年の立ち上がりを予定している私たちの電動車両化戦略に加えて、気候変動ニュートラルサイトは劇的にCO2削減量を改善させますし、実際に気候変動への影響も期待できるでしょう」

ボルボカーズは、2025年のビジョンに向けて革新的な方法を常に検討してきた。一例を挙げれば、2016年にベルギー・ゲント工場ではCO2排出量を40%も削減する──年間15000トンにも相当する──地域熱供給システムを導入している。

「あらゆる地域のエネルギー供給業者と積極的に協力し、生産工場がさらに再生可能エネルギーを用いる道筋を、引き続き積極的に模索していきます」と、Varela氏は述べている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated