テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/02/03
  • Motor Fan illustrated編集部

豊田自動織機:ユニット式パレット用自動倉庫 新型「ラックソーターP(6m~15m級)」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型「ラックソーターP」
豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、ユニット式パレット用自動倉庫「ラックソーターP」をフルモデルチェンジし、2018年1月18日より全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて発売した。

「ラックソーターP」は、優れた安全性や、安定稼動をサポートする予防保全・異常時早期復旧などの機能を評価され、1992年の発売以来、製造業、運輸業のほか、幅広い業種の顧客に導入されている。

近年、eコマース市場の拡大に伴う大型物流倉庫の新設や、労働者不足といった環境変化を背景に、物流現場の効率化や自動化を実現するソリューションの需要は一層高まっている。このような顧客のニーズに応えるため、豊田自動織機は10年ぶりに「ラックソーターP」をフルモデルチェンジした。

新型「ラックソーターP」は、新たに「制振制御機能」を搭載した。クレーン走行におけるマストの揺れを軽減することで、停止するまでの待ち時間を大幅に短縮し、サイクルタイムを約10%※向上している。また、クレーンの減速・下降時に発生する運動エネルギーを回生電力として走行モーターで再利用する技術も新たに採用し、エネルギー効率の約10%※向上を実現した。※同社従来モデルとの比較

新型「ラックソーターP」の主な特長と仕様は以下の通り。

1) 「制振制御機能」の標準採用によるサイクルタイムの向上
モーターをより正確に制御することで、マストの揺れを軽減し、その揺れが停止するまでの待ち時間を大幅に短縮。従来モデル比約10%のサイクルタイム向上を実現。

2) DCリンク式の回生電力利用によるエネルギー効率向上
クレーンの減速・下降時に発生するエネルギーは、従来熱として消費されていたが、回生電力としてモーターで再利用することにより、従来モデル比約10%の省エネを実現。

仕様一覧

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated