テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/02/13
  • Motor Fan illustrated編集部

顔パスで本人確認、ドアの解錠、入退室管理、支払いもできる顔認証AI搭載「スペイシーパス」2月13日導入開始

遊休スペースのセキュリティーを高め、より安心な社会を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
国内最大の会議室・ワークスペースのシェアリングサービス「スペイシー」(https://www.spacee.jp/ )を運営するスペイシーは、顔認識AI技術を搭載した「スペイシーパス」を、2018年2月13日(火)より導入開始する。本人確認ができる他、ドアの解錠、入退室管理、支払い機能を兼ね備えている。なお導入は、自社が運営するワークスペース、スペイシーコーヒー店舗の全6箇所。

■スペイシーパスについて
この度導入開始となる「スペイシーパス」は、事前に顔写真を登録することで、タブレット端末のカメラに顔を近づけるだけで、ドアの解錠、入退室管理や店舗での支払い、身分証明が可能になる。タブレット端末で取得した顔データを顔認証AIで照合することで、ユーザビリティを向上させつつ、個人の特定が可能になる。

■遊休スペースのセキュリティーとユーザビリティの向上を実現
これまでスペイシーは飲食店のアイドルタイムを活用したワークスペースの提供に取り組んできたが、不特定多数の人間が出入りするためセキュリティーの向上が課題となっていた。本システムにより、顔認証で個人が特定されるため、これらの問題を解決できるほか、ユーザーはスペースを利用する際に鍵の解錠や入退室管理がより手軽になり、また商品を購入する際にも現金による面倒な支払いが必要なくなる。

■今後の展開「アプリ化による汎用タブレット端末への普及」「顔認証の精度の向上」
顔認証技術は昨今自治体や各種イベント会場などで導入が進んでいるが、汎用タブレット端末のカメラを使用した顔認証の精度には未だ課題があるとされているのが現状。スペイシーでは「スペイシーパス」により、顔認証技術の検証を重ねることで、検証データの収集および精度向上に貢献していく。将来的には商業施設等に本システムの導入を進め、これまでセキュリティーの問題から第三者の活用が難しかったスペースの有効活用を実現する。また、今後は「スペイシーパス」のアプリ開発にも取り組み、誰もが手軽にタブレットに「スペイシーパス」を導入できるような仕組みづくりを行うことで、より安全な社会の実現を目指す。様々なスペースの利用が可能になるプラットフォームを提案し、遊休スペースを有効活用した社会の創造に貢献していく。​

■スペイシーパスサービス概要
導入日:2018年2月13日(火)
利用可能店舗:スペイシーの提供するワークスペース及びスペイシーコーヒー全6店舗
URL:https://www.spacee.jp/pass/
機能:
■本人確認
顔認識機能を用いた本人確認システム。あらかじめ顔写真を登録し、ブロックチェーン技術を活用した本人認証システムに免許証などの本人確認書類を登録することで、タブレット端末に顔を近づけるだけで本人確認ができる。
■ドアの解錠
顔認識機能を用いた解錠システム。あらかじめ顔写真登録をしておくことで、タブレット端末に顔を近づけるだけでエントランスの扉や鍵の解錠ができる。
■入退室管理
顔認識機能を用いた入退室管理システム。あらかじめ顔写真登録をしておくことで、タブレット端末に顔を近づけるだけで入退室管理や勤怠管理、出欠の管理などができる。
■支払い
顔認識機能を用いた商品購入システム。あらかじめ顔写真登録をしておくことで、タブレット端末に顔を近づけるだけで商品購入ができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る