テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/03/20
  • Motor Fan illustrated編集部

VWのボトムラインを支えるEA211:新型VWポロが搭載する1.0ℓ直3直噴ターボ 

VW EA211型1.0ℓ直3直噴ターボ

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ポロが搭載するエンジンは、EA211型というフォルクスワーゲンにとって、おそらく最も重要なガソリン・エンジンシリーズの末弟、1.0ℓTSIである。
アウディA1が搭載する同じくEA211型1.0ℓ直3ターボ

EA211型は、1.2ℓ/1.4ℓ/1.5ℓの直4エンジンに加えて、今回日本で発売されたポロが積んでいる1.0ℓ直列3気筒版がある。4気筒のEA211と設計を共通にしたモジュラー・エンジンだ。サーマルマネージメントに注力していて、高温の水路は機械式で低温の水路は電動式のウォーターポンプを用いる。

これらによってエンジン冷却水に加え、水冷式のインタークーラーやターボチャージャーの冷却までまかなう仕組み。排気マニフォールドは、シリンダーヘッドに内蔵し。シングルスクロール式のターボを備える。大量生産を目論むVWのベースラインを支えるユニットだ。

冷却水は燃焼室周辺を集中して冷やし、ブロックには無駄な肉厚を残さないように配慮している。ターボ版のインタークーラーはマニフォールドと一体配置される。
排気干渉がない直3エンジンだから、ターボはシングルスクロール式。

EA211型
エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ
排気量:999cc
ボア×ストローク:74.5×76.4mm
圧縮比:10.3
最高出力:70kW(95ps)/5000-5500rpm
最大トルク:175Nm/2000-3500rpm
給気方式:ターボチャージャー
カム配置:DOHC
ブロック材:アルミ合金
吸気弁/排気弁:2/2
バルブ駆動方式:ロッカーアーム
燃料噴射方式:筒内燃料直接噴射(DI)
VVT/VVL:In/×

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated