テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/04/04
  • Motor Fan illustrated編集部

東京海上日動火災保険とWHITEMOTION社、コネクテッドカー・自動運転車等におけるサイバーセキュリティ分野で業務提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京海上日動火災保険株式会社は、昨今のテクノロジー進展に伴う自動車のサイバーセキュリティ分野の重要性増大を踏まえ、この分野において高い技術・ノウハウを有する合同会社WHITEMOTIONと、コネクテッドカー・自動運転車等におけるサイバーセキュリティ分野での共同研究・協業検討に向けて業務提携したと発表した。

東京海上日動火災保険は企業におけるセキュリティ対策の一環としてサイバーリスク保険の開発・販売や、関連サービス等の提供を行い、IT分野を中心にサイバーセキュリティ対策の取組みを強化してきた。
自動車分野でも、インターネット等を通じてサイバー空間に繋がるコネクテッドカーが進展しており、すでに一部市販化されているとともに、今後、さらに普及が加速することが見込まれている。あわせて、研究開発が進められている自動運転技術においても、サイバー空間を通じて地図情報や周辺情報等の通信が行われることが想定されており、自動車がサイバー空間へ繋がることで発生しうるハッキングやコンピューターウィルスといった脅威への対応は、安全・安心なクルマ社会を実現するうえで重要な課題となっている。
このような環境認識のもと、自動車のサイバーセキュリティ分野において高い技術・ノウハウを有するWHITEMOTION社と、コネクテッドカー・自動運転車等におけるサイバーセキュリティ分野での共同研究・協業検討に向けて業務提携することなった。

WHITEMOTION社は、日本の大手自動車部品メーカーであるカルソニックカンセイ株式会社と、フランスのセキュリティ企業であるQuarkslab社により2017年に設立された企業で、車載セキュリティソフトウェアの開発・販売や、車載製品のセキュリティ評価などを行う、自動車のサイバーセキュリティに特化した会社である。

双方の保有する資源・ノウハウを活用することにより、以下の取組み等を推進していく。

(1)コネクテッドカー・自動運転車等におけるサイバーセキュリティ分野に関する各種研究(最新の攻撃手法、侵入経路等)
(2)コネクテッドカー・自動運転車等におけるデジタルフォレンジック(犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称 )、損害サービスにおける対応ノウハウの確立に向けた研究
(3)コネクテッドカー・自動運転車等のサイバーリスクに対応した商品・サービスの開発

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る