Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

横置きATの世界標準! アイシンAWとPSAが6速ATの生産に関するライセンス契約を締結

  • 2018/04/05
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
プジョー、シトロエン、DS各車が採用する6速AT。PSAではEAT6と呼ばれる。

アイシン・エィ・ダブリュは、3月21日にPSA AUTOMOBILES S.A.(PSA)と、オートマチックトランスミッション(AT)の生産に関するライセンス契約を締結した。

アイシン・エィ・ダブリュ製FF用6速ATでもっともトルク容量が大きいAWF6F45

アイシン・エィ・ダブリュのオートマチック・トランスミッションは、トヨタ車だけでなく、広く世界中の自動車メーカーに採用されている。とくに、横置きエンジン用オートマチック・トランスミッションは、ボルボ、プジョー・シトロエン、BMW、VWなどで採用されている。

今回ライセンス契約を結んだPSA(プジョー、シトロエン、DS)は、アイシン・エィ・ダブリュの横置き8速AT(AWF8)と6速AT(AWF6)を採用している。
今回のライセンス契約では、FF6速ATを生産するためのライセンスをPSAに与えるという内容だ。
アイシン・エィ・ダブリュ製FF6速ATは、PSAでは、EAT6(6速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)と呼ばれている。アイシン・エィ・ダブリュでは、前記の通り、AWF6の名前で、トルク容量違いで、小容量・中容量・大容量のモデルをラインアップしている。

ライセンスの対象機種は、PSAの車両に搭載されるアイシン・エィ・ダブリュが開発したFF6速AT。
現在トランスミッションを生産しているPSAのバレンシエンヌ工場で、年間30万台生産予定している。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ