テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/04/24
  • Motor Fan illustrated編集部

川崎重工:「高圧水素減圧弁」がメルセデス・ベンツ "GLC F-CELL"に採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
高圧水素減圧弁
川崎重工は、ドイツの大手自動車メーカーであるダイムラー社向けに「高圧水素減圧弁」を開発し、新型燃料電池車のメルセデス・ベンツ“GLC F-CELL”に採用された。

この「高圧水素減圧弁」は、ダイムラー社の子会社であるニューセルシス社と共同開発したもので、燃料電池車に搭載している水素タンクから供給されてくる約700気圧という非常に高圧な水素ガスを、燃料電池スタック(水素と酸素の化学反応を利用して発電する装置)で使用可能な圧力近傍まで減圧する重要な役割を果たす。ニューセルシス社はダイムラー社の子会社であり、自動車向け燃料電池および水素タンクシステムの開発における世界的なリーディング企業。

川崎重工が長年に渡る油圧機器の開発・製造から培ってきた流体制御技術と、ニューセルシス社の燃料電池システムに関する高い知見を活かし、高精度なガスコントロール技術による効率的な減圧と発電時の水素ガス圧力の安定性をもたらすことで、省スペース化かつエネルギーの利用効率改善による燃料電池車の航続距離の伸長に寄与しつつ、20年相当の耐久性試験をクリアする高信頼性を有している。

システムの概要

川崎重工は水素関連事業を成長分野の一つとして位置付けており、今回、ダイムラー社に当社の製品が採用されたことは大きな一歩となる。今後とも、ダイムラー社に「高圧水素減圧弁」の安定供給を果たすとともに、高い技術力を活かして水素利用の拡大に向けた製品開発に取り組むことで、低炭素社会の実現に貢献していく。

メルセデス・ベンツGLC F-CELL。航続距離は約500km(NEDC値)、燃料充填時間は3分。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated