テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/04/26
  • Motor Fan illustrated編集部

ジェイテクト、特殊環境用軸受の専用生産ラインを新設

新設ラインにより、1個単位での受注にも対応できる生産体制を整える

このエントリーをはてなブックマークに追加
製品の一例:NEWクリーンプロベアリング
ジェイテクトは、特殊環境用EXSEV軸受シリーズ専用生産ラインを開発、徳島工場内に新設した。 新設ラインにより、1個単位での受注にも対応できる生産体制を整えるとともに、生産ラインの整流化や段取り時間の短縮によるリードタイムの大幅短縮を実現する。

半導体やFPDの製造には極めて高いクリーン性が求められることから、製造装置には、発じんによる不純物の混入や放出ガスによる影響を可能な限り低減することが求められる。それはベアリングも同様で、一般的なベアリングでは回転する際の摩擦や潤滑油の飛散による発じん、また、潤滑油の蒸発によるガスが発生するため、ジェイテクトは極めて優れた低発じん特性、低放出ガス特性を有する「クリーンプロベアリング」を1998年に開発、商品化。さらに、クリーン性をはじめ、真空、高温などの様々な特殊環境で使用される軸受を「特殊環境用EXSEV軸受」としてシリーズ化し、半導体製造分野などに広く供給してきた。

一方、近年のIoT、AI、ADASなどのIT技術の急速な拡大を背景に、半導体製造分野などにおける短期間での設備開発,設備補修需要が増加するのに伴い、特殊環境用軸受の小ロット、短納期需要が高まっている(ジェイテクトでは1件あたり100個以下の小ロット受注・販売実績件数は近年増加傾向。中でも、小ロット受注のうち10個以下の受注が占める割合は増加し、2017年度実績は54%に達する)。 ジェイテクトはそうしたニーズに対し、より迅速に対応するため徳島工場内に「1個の受注に対応できるライン造り」をコンセプトに、特殊環境用EXSEV軸受シリーズ専用の小ロット生産ラインを新設。同ラインを活用して在庫を拡充するなど即納体制も整え、半導体製造分野などの小ロット、短納期需要に幅広く対応していく。

【新設した生産ラインの特徴】
1.クリーンな環境での1個からの生産
2. 設備段取り対策による段取り時間の短縮(従来の1/3)
3. 組立半自動化によるリードタイムの短縮(従来の1/6)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated