テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/15
  • Motor Fan illustrated編集部

MAMORIOが横浜市営地下鉄・市営バスと共同でIoTを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を正式導入

MAMORIO Spot設置駅・営業所を大幅に拡大し、横浜市営バスの全路線に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
MAMORIOは、横浜市交通局と共同で実施している、MAMORIO社が提供する紛失防止タグ「MAMORIO」及び専用IoT Gateway「MAMORIO Spot」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を正式導入する。両社は2018年2月1日から2018年4月30日まで2箇所に「MAMORIO Spot」を設置する実証実験を実施してきた。この度、運用上の問題がないことが確認できたことから設置駅・路線を大幅に拡大した上で正式に導入を行う。両社はMAMORIO Spotを設置する箇所を横浜市営地下鉄9駅、横浜市営バス10営業所に拡大することで、より多くの利用客に紛失に対する安心を提供することを目指す。

お忘れ物自動通知サービスについて

1 サービス概要
 利用客が「MAMORIO」を購入し、所持品(鍵・財布等)に取り付けるとともに、専用
アプリ「MAMORIO」をスマートフォンにインストールし、登録することで利用できる。
利用客が「MAMORIO」を取り付けた所持品を紛失した際、その忘れ物がMAMORIO Spotが設置された駅に届けられ、「MAMORIO Spot」によって電波が検知されると、「MAMORIO」の位置情報を受信し、位置情報を自動的に利用客のスマートフォンへ通知する。

 また、本サービスは既に首都圏の鉄道各社や商業施設でも導入を行っており、横浜市交通局以外の「MAMORIO Spot」に忘れ物が届けられた場合でも、その位置情報が通知される。

2 運用概要
運用開始日:2018年 5月中旬~6月上旬にかけて順次運用開始
場所:MAMORIO Spot設置場所

MAMORIOについて

 MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用した非常に小さなタグを「大切なモノ」に付けるだけで、スマートフォンと連係して紛失を防ぐ製品。

 万が一の置き忘れ時には、スマートフォンに置き忘れた場所と時間を知らせる。MAMORIOを「いつ、どこで」落としたのかがわかることから捜索範囲を大きく減らせる。
 また、「クラウドトラッキング機能 (特許取得済)」を利用することで、全国のMAMORIOユーザーと協力して自分のものを探すことができ、発見確率が向上する。

 公共交通機関や商業施設等にMAMORIO Spotを設置することで、忘れ物がお忘れ物センターなどに届けられた際に自動的にお知らせするサービスの展開や、プロの手による捜索支援サービスや紛失時の保証が受けられる「あんしんプラン(有償オプション)」の提供など、様々なシーンでの紛失の不安を減らし、「なくすを、なくす。」を実現する。

MAMORIOについて (MAMS-001シリーズの場合)

(1)通信方法:Bluetooth4.0(Bluetooth Low Energy)
(2)サイズ:縦35.5mm×横19mm×厚さ2.8mm
(3)重さ:2.4g
(4)有効距離:約60m
(5)電池タイプ:リチウム電池
(6)電池寿命:約1年間 (利用状況によって変化する可能性あり)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated