テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/18
  • Motor Fan illustrated編集部

豊田自動織機、建機向けディーゼルハイブリッドエンジン(モータ一体型)を初出品

人とくるまのテクノロジー展2018横浜に出展 ブースNo.218

このエントリーをはてなブックマークに追加
豊田自動織機は、「自動車の電動化技術」をテーマとして、車両の中で当社のカーエレクトロニクス製品がシステムとして機能する点にクローズアップした展示を行なう。

 1967年に電動フォークリフトを生産開始して以来、電動化技術を自動車関連にも応用する豊田自動織機は、今後さらに進む電動化に対応し、自動車の動力性能および排出ガスのクリーン化への新たな提案として、ターボチャージャーの技術を活用したモーター駆動の電動過給機のコンセプトモデルを参考出品する。

 また、日立建機のハイブリッド油圧ショベルZH200-6(運転質量20.2t)に搭載されたディーゼルハイブリッドエンジン(モータ一体型)を展示。これは、豊田自動織機が産業車両と自動車分野の設計開発で培ってきたエンジンやエレクトロニクス技術を活用し、初めて建設機械向けに開発したのものとなる。

 

建設機械向けディーゼル ハイブリッドエンジン(モータ一体型)
搭載機種:ZH200-6

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated