Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

GPS、ガリレオ、GLONASSに対応した高性能GPSレシーバー/ロガー リベルタジャパン:精緻な位置測定を可能にするGPSレシーバーGNS 2000 Plusの販売を開始。

  • 2018/05/19
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

リベルタジャパンは2017年10月、大人気GPSレシーバー/ロガー『GNS 2000 Plus』を製造するGNS Eletronics GmbHと日本総代理店契約を締結。2018年5月1日から日本での販売を開始した。

 多くのGPS信号を受信し、正確な位置を測定することで人気を博したGPSロガーGNS2000に、さらに機能強化された後継機GNS 2000 Plusが発売された。GALILEO衛星にも対応し、カーナビ、 バイクナビをはじめとする位置情報を使う様々なアプリケーションを強力にバックアップする。

■ GNS 2000 Plusはコンパクトながら強力なGPS受信機!
 現在では多くの人が、Google Map、NAVITIMEをはじめとしたスマートフォンやタブレット向けのカーナビアプリ、ポケモンGoなどの位置情報を使ったゲームアプリなどを利用している。そんなユーザーの多くを悩ませる問題が、正確な位置情報が出せない、端末のバッテリー消費が早いという問題だろう。GNS 2000 PlusはiPhoneやiPad、iPod touch、Android端末に接続することで、簡単にこれらの問題を解決できるGPSロガー。接続はBluetoothで簡単かつ短時間で行える。

■GPS以外にも3つの衛星に対応。 位置のロストもしにくく、 位置測定も正確
 スマートフォンやタブレットのGPS機能は受信性能が低く、現在位置を見失ってしまうことがよくある。GNS 2000 Plusを使うことで、建物に囲まれて位置がつかめなくなってしまう、カーナビで位置がずれていて分岐を通り過ぎてしまう、GPSを使ったゲームで正確に位置がつかめず目的にたどり着けない、といった問題も、素早く正確な位置情報の測定により解決できる。
 GNS 2000 Plusは米国が運用するGPS以外に、日本の衛星測位システム「みちびき」 、EUによる「ガリレオ」 、さらに ロシアの「GLONASS」という 3つの衛星システムに対応している。それぞれに精度やエリア、 安定性などに強みがあり、これらを併用することで正確な位置情報を安定して受信することが可能だ。

■世界基準の位置測定システムSBASを採用
 航空機向けのシステムとして日本、北米、欧州等のそれぞれの国の航空安全当局から認証、運用されているSBAS(衛星航法補強システム)を利用している。厳格な国際規格が定められており、信頼性の高いシステムだ。
 また、SBAS以外にもWAAS、EGNOS、QZSS、MSAS、GAGANなどの世界標準のシステムをサポート。これによりGNS2000Plusは精度の高い正確な位置情報の提供を行う。

■タフなバッテリー能力
 GNS 2000 Plusはリチウムイオン蓄電池により、最大10時間の稼働が可能。位置情報の測定にバッテリーの消耗はつきもので、スマートフォンやタブレットで内部のGPS受信機を使いながらアプリを使うと端末のバッテリー切れを起こしてしまう場合がある。位置情報の測定をGNS 2000 Plusが行うことで、本体であるiPhoneやiPad、Android端末のバッテリーの消費を抑えられる。

■簡単接続
 端末との接続はBluetoothによって簡単に行える。iPhone、iPad、タブレットやパソコンでBluetoothを有効にし、GNS 2000 Plusと接続。最大3つのAndroidデバイスまたはシリアルポートプロファイルデバイスと同時に接続できる。AppleのIOSを利用したデバイスの場合、接続は1台のみ。

■コンパクトな設計
 サイズは約11×8cmのコンパクトなサイズ。重量はわずか141g。小さくかさばらないため、車内に置くのはもちろん、バッグの中やポケットの中でも場所をとらない。バイクや山でのハイキングなど、荷物を増やしたくない人には最適のサイズだ。

■その他の便利な機能
・ロガー機能で記録を残せる
 最大11時間、5秒ごとの位置データをログに残せる。位置情報のデータはGNS Electronics GmbHの提供する無料ソフトGNS 2000 Trackでコンピューターに転送できる。
 この記録情報は、Google MapやGoogle Earthで表示できる。写真などの旅の思い出を紐づけしておくことも可能。また、バイクや車でルートを決めない自由な旅をした後に、その軌跡をたどることや、山登りの後に登山ルートを確認することもできる。

・シガレットライターソケットと連動
 シガレットライターソケットに充電アダプターを接続し、USBケーブルでGNS 2000 Plusと接続することで、エンジンのON、OFFに合わせた電源管理ができる。この電源管理機能を使うことで、車のエンジンに合わせてGNS 2000 Plusを起動、シャットダウンでき、車の固定装置の一部のように使える。

 既存のカーナビやバイクナビは、スマートフォンやタブレットで利用可能なカーナビアプリに比べると、情報の更新が遅く、機能的にも劣るものが多いのが現状。スマートフォンやタブレットのアプリであれば、新しい道を積極的に利用したり、混雑情報を読み取ったりといった多彩な機能を使える。無料のアプリも多いので、正確な位置情報を使えるようになれば、今まで以上にこれらのアプリを有効活用できる。
 それ以外にも、レストランの場所を探す、友達に居場所を伝える、周囲の天候の変化を知るなど、さまざまな用途、さまざまなアプリで位置情報が使われており、現在ではなくてはならない機能になっている。GNS 2000 Plusはこれらのアプリを最大限に有効活用することができるようになる強力なサポートツールだ。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ