テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/25
  • Motor Fan illustrated編集部

ポコポコするポンプをシートに収める [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

トヨタ紡織のレクサスLS用シート

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスの新型LSのシートにはマッサージ機能が備わっている。なかなか心地良く、試乗時にはずっとポコポコやっていた。そのポコポコ仕様のシートが、トヨタ紡織のブースに展示されている。

 ご覧いただけるように、ブラダと呼ばれるエアバッグがシート内部に備わる。メインのウレタンの上に載せられ、一枚薄いウレタンシートを被せて、その上を表皮で包む構造。ブラダは柔らかい樹脂でできているとはいえ、間に挟むために表皮のチューニングや耐久性の確保には意を払ったという。



 ブラダにはエア供給のためのホースがつながる。一方向の「送るだけ」の構造で、供給元は背面側裏面に備わるポンプ。LSのシートはアイシン精機の「ニューマチックシートシステム」を装備していて、そのポンプから分岐してブラダへエアを送っている。ちなみにこのブラダ一式もアイシン精機製。

 アセンブリの状態で重量は40kgほど。多機能高級シートともなるとさすがのウェイトだ。説明してくれたエンジニアのお一方はフレーム設計とのことで「軽いほうがいいんですけどね」とはおっしゃっていたが、個人的には軽くなりすぎて剛性感のないシートが多い昨今、どっしりとした重量感はむしろ好感。機会があったらぜひポコポコとともにLSのシートを試してみてほしい。


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated