テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/26
  • Motor Fan illustrated編集部

過給機の新しいステージへ [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

豊田自動織機:電動過給機(コンセプト)

このエントリーをはてなブックマークに追加
豊田佐吉が発明したG型自動織機の製造・販売を目的に1926年に創立された豊田自動織機が、これまで培ってきたターボチャージャー技術を活用して、モーター駆動の「電動過給機(コンセプト)」を参考出品していた。
●TEXT&PHOTO:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)

 着々と進行している自動車の電動化は、今後も確実に進んで行く。そんな電動化に対応するため、動力性能の向上と排出ガスのクリーン化を実現するデバイスとして展示されていたのが、豊田自動織機の「電動過給機(コンセプト)」だ。

 この電動過給機(コンセプト)は、3.0L以下のガソリン・ディーゼル・ハイブリッドに対応する。Audi SQ7などに装備されている電動過給機は、基本的に始動直後や極低回転時に作動する。それに対して本コンセプトは、始動時にはエンジンの力不足を補い燃費を向上・排出ガスをクリーン化させるが、始動以降も若干作動させることで、快適性も高める。これまでは電源が必要であることがネックとなっていた電動過給機だが、車両のハイブリッド化が進むことで車両に電源が備わり、デメリットが消えつつある。今後は、より多くの車両に電動過給機が搭載されていくはずだ。

 また、電動過給機(コンセプト)の横には、排気量7~9L程度のディーゼルエンジン用の「ワイドレンジターボチャージャー」のコンセプトが展示されていた。ワイドレンジとは、一つのターボチャージャーで供給できる空気量のレンジが広い、という意味。二つのターボチャージャーを一つで済ませよう、という考え方だ。コチラもハイブリッド車両の増加が追い風となっており、製品化に向けてヒアリングを行っている段階であるという。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated