テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/26
  • Motor Fan illustrated編集部

あのカーボン製フレームが…… [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

ムベア・ジャパン:モーターサイクル用 軽量メインフレーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツのムベアは2016年に創業100周年を迎えた自動車用軽量化部品のグローバルサプライヤー。シャシー・エンジン・ボディの領域で"革新的な軽量化技術"を用いた部品を全世界に供給している。
●TEXT&PHOTO:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)

 軽量化をキーテクノロジーとして大切にしているムベア。そんな同社(出展社はムベア・ジャパン)の展示品のなかで注目したのは「モーターサイクル用 軽量メインフレーム」だ。"究極の軽量化と高剛性を可能にするハイスペックメインフレーム"として紹介されていた。
 ムベア・ジャパンは明らかにしていないが、その形状と、同社が発表したステイタスが"量産開始"であることから想像してみよう。これはBMWモトラッドが2016年秋に開催されたミラノショーで世界初公開され世界限定750台にて発売が開始された「HP4 RACE」のフレームだと思われる。


BMW・HP4 RACE(PHOTO:BMW)
そのフレーム(PHOTO:BMW)

 BMWモトラッドが公開している同車とフレームの公式写真とを掲載しておこう。「HP4 RACE」は、そのカーボン製メインフレームが話題を集めた市販のレース車両だ。当時のBMWモトラッドの発表によると、メインフレーム単体重量は7.8kg。今回ムベア・ジャパンが発表した8.0kg以下という数字とも符合する。


 ここで展示されていたカーボン製メインフレームの何処が凄いのかと言えば、それが量産対応である点に尽きる。5,000個/年の製造が可能であるという。それを可能にするのは同社独自の構造。フォームコア材がアルミの子部品をサンドイッチしながら、中空構造とされている。それでいて部位ごとに異なる構造を持たせた1ピースフレームだ。その結果、8kg以下という軽量化を果たしながらも、充分な捻り剛性を確保している。

 HP4 RACEの日本でのお値段は消費税込みで1,000万円。一般ライダーには容易には手が届かぬモーターサイクルではあるが、それに相応しく圧倒的に軽量かつ高剛性、そしてステイタスを併せ持ったフレームに違いない。"軽量化"に一家言を持つムベア。そのテクノロジーが余すところなく投入された逸品だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る