テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/28
  • 遠藤正賢

VG(可変ジオメトリー)ターボのリビルドを可能にしたTTSグループの秘密とは?[人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

アクチュエーターの作動確認を可能にするテスターを自社開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
TTSがリビルトした大型・中型トラック・バス用のターボチャージャー
 ターボチャージャーのリビルドを行うTTS(ターボテクノサービス)グループは、5月23日から25日までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(主催:自動車技術会)に出展。軽自動車からトラック・バス、建機までガソリン・ディーゼルを問わず様々なリビルトターボチャージャーを展示した。その中でも特に強くアピールしていたのは、同社独自の技術でリビルドを可能にしたVG(可変ジオメトリー)ターボだった。
トヨタ・ハイエース1KD型エンジン用トヨタ製CT12V型ターボチャージャーの可変ベーン
ふそう・ローザ4P10型エンジン用ギャレット製GTB2056V型ターボチャージャー。奥のユニットがコンピューター制御式アクチュエーター

 VGターボにはタービン側のベーン(羽根)の開度を調節するアクチュエーターが備えられているが、その作動を確認するためのツールやプログラムは当の自動車メーカーやターボメーカー以外に公開されておらず、作動確認を可能にするには実車を借りてコンピューターを解析し、アクチュエーターを作動させる疑似信号送ることができるテスターを自社開発するより他にないという。

いすゞ・ギガ6NX1型エンジン用IHI製2段過給ターボチャージャー
ふそう・スーパーグレート用6R10型ボーグワーナー製B3G型アシンメトリックターボチャージャー

 だが、そうした実車解析やテスターの自社開発を地道に積み重ねることで、電気式・コンピューター制御式・エアシリンダー式それぞれのVGターボのみならず、大小2つのターボを組み合わせた2段過給ターボやツインスクロールターボも、分解、洗浄、検査・加工、バランス修正、組み立て、そしてテスターによる最終確認の各工程を経て、新品以上の精度を持つリビルトターボが出荷されている。しかも、新品部品よりも安価かつ1年の保証付きで販売されている。

乗用車用ターボチャージャー。左からメルセデス・ベンツE320CDI用、スズキ・ジムニー用、ミニ・クーパーS用、ダイハツ・タント用

 大型トラック・バス用のターボでは50万円に達することが珍しくなく、小型トラックや商用バン、乗用車ではストップ&ゴーが連続する過酷な使用環境にさらされるため故障頻度が高くなりやすい。そして新車の製造が終了すれば、やがてその新品部品の製造も終了する。長い使用年数・走行距離を乗り続けようとするターボ車のユーザーにとって、TTSのリビルトターボは非常に心強い選択肢となるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る