テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/01
  • Motor Fan illustrated編集部

帝人:耐ガソリン性・成形性を持つバイオプラスチックフィル ム

スマートエントリーシステム用のドアハンドルに対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダロックのスマートエントリーシステム用ドアハンドル
帝人は、独自のポリマー改質技術と製膜技術を駆使することにより、耐ガソリン性と成形性を両立し、スマートエントリーシステム用のドアハンドルに対応可能なバイオプラスチック「PLANEXT」製のフィルムを開発した。

 この新開発のフィルムは、加工メーカーの特殊金属蒸着技術を付加することでクロムメッキに代わる金属メッキ代替フィルムの生産が可能。ホンダロックのスマートエントリーシステム用のドアハンドルに採用されている。

1.開発の背景
 近年、自動車用のドアロックとして、ドアハンドルに触れるだけで施錠・開錠を可能とするスマートエントリーシステムの開発が進められている。スマートエントリーシステムは、センサーの誤作動防止のためにドアハンドル部分を非導電性とする必要があり、導電性のあるクロムメッキをベース樹脂の表面に使用したドアハンドルでは実現することができなかった。一方、金属蒸着したプラスチックフィルムは非導電性であり、既に金属メッキの代替フィルムとして自動車の外装用途に実用されているが、ドアハンドルには耐ガソリン性と成形性の両立が求められるため使用されていなかった。
 こうした中、帝人は、自社開発のバイオプラスチック「PLANEXT」を独自のポリマー改質技術で改良することにより、耐ガソリン性と成形性を両立したバイオプラスチック「PLANEXT SN4600」を開発し、量産化に成功した。そして「PLANEXT SN4600」に特殊な製膜技術を加えることにより、ドアハンドルを含む自動車外装用途に使用可能なフィルムの開発を実現した。

2.「PLANEXT SN4600」フィルムについて
 このたび開発したフィルムは、植物由来の化合物であるイソソルビドを原料としたバイオプラスチック「PLANEXT」を改良して開発した「PLANEXT SN4600」を使用しており、「PLANEXT」の特性である耐薬品性、透明性、高表面硬度に加え、次の特性を備えている

(1)優れた耐ガソリン性ポリマー改質技術により耐ガソリン性を付加されたことで、セルフ式ガソリンスタンドなど、ドライバーの手にガソリンがつきやすい状況下での使用に適している。
(2)優れた成形性耐熱性と製膜条件を最適化することで成形性を高めており、複雑な形状の成形を可能とした。
(3)優れた耐候性基材を保護するためのUVカット機能をフィルムに付与することで耐候性を高めており、紫外線による基材の変色を防止する。

 帝人はこのフィルムを、ドアハンドル以外の自動車部品にも積極的に用途展開し、拡販を図っていく。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated