テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/11
  • Motor Fan illustrated編集部

凸版印刷:「金型用鋼材トレーサビリティシステム」を中国にて稼働

クラウドで取引履歴を管理、偽装品の混入を防止

このエントリーをはてなブックマークに追加
金型用鋼材トレーサビリティシステム活用の様子(イメージ)
大同特殊鋼は、中華人民共和国市場においてプラスチック成形品を作る際に使用する金型用の鋼材で偽装品が散見され、顧客から大同製の鋼材を確実に入手したいとの問い合わせが多く寄せられていることに対応するべく、2018年6月11日から「金型用鋼材トレーサビリティシステム」を本格的に稼働させる。本システムは凸版印刷が提供する統合ID認証プラットフォーム「ID-NEX」の技術を活用したもの。

1.背景
 金型用鋼材は大同から出荷された後、数段階の流通・販売店を経由して顧客のもとに届く。この流通段階で顧客の求めるサイズに切断されるため、顧客側は大同の工場で発行する鋼材検査証明書(通称ミルシート)の内容と届いた現物とを比較するだけでは、真正品か偽装品か判断しにくいという課題があった。
 このような課題を解決するため、大同は本システムを中国市場で稼働させ、大同から最終の販売店までの取引履歴をトレースし、それを顧客が確認できる仕組みを整えた。これにより、顧客は入手した鋼材が大同が販売・出荷したものか否かを即座に判断できるようになる。
 当面、偽装品の流通量が多い大同のNAK80を対象に取引履歴のトレースを開始。また2018年6月11日時点で本システムを導入した販売店は6店(表1)。今後、対象鋼種を拡大するとともに、順次、大同の鋼材を取り扱う販売店へのシステム導入を進めていく。

表1.金型用鋼材トレーサビリティシステム導入販売店(2018年6月11日現在)

2.特長
 本システムは、凸版印刷が大同向けにカスタマイズし、開発したもの。具体的には、中国国内に設置したクラウドサーバー上で大同と流通・販売店各社間の取引履歴を管理する(図1)。各販売店には購入量を超える販売証明書を発行できない仕組みを設けており、大同材を販売店から購入した顧客は、販売店が発行する販売証明書を入手できる(図2)。なお、販売証明書は原則販売重量2kg以上の鋼材に発行される。顧客は証明書に印刷されたQRコードをスマートフォン等で読み取ることにより、取引履歴や成分情報等を確認できる(図2、 図3)。販売証明書自体もマイクロ文字や透かし、コピー防止印刷など、凸版印刷が持つ高度な偽造防止技術を用いている。

 2018年6月11日現在システムを導入済みの販売店では、2018年4月18日大同出荷分より成分実績が表示される。 2018年6月12日以降にシステムを導入する販売店では導入後に大同を出荷されたロットより成分実績が表示される。 QRコード読み取りは動作確認済の中国テンセント社製メッセージングアプリ「微信 (WeChat)」を推奨。

 金型製作を外部委託しプラスチック成形品を製造する顧客は、素材の販売証明書の原本を、購入する金型と一緒に納品するよう金型製造会社に依頼することで、本システムを活用できる。

図1.金型用鋼材トレーサビリティシステムの概要
図2.販売証明書
図3.販売証明書記載のQRコード読み取り事例

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る