テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/28
  • Motor Fan illustrated編集部

アイシン・エーアイ、吉良工場を拡大して、ATユニットの生産を開始!

MTのアイシン・エーアイでFF用8速ATの生産が始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
FF用8速AT。どのタイプの8ATなのかは、明らかになっていない。
アイシン・エーアイ株式会社は、愛知県西尾市の吉良工場を拡張し、現在のマニュアルトランスミッションの生産に加え、新たにFF8速のオートマチックトランスミッション(AT)ユニットの生産を開始すると発表した。

吉良工場拡張エリア

 アイシン精機やアイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックスなどで構成されるアイシングループで、マニュアルトランスミッションを事業の中心に据えるのは、アイシン・エーアイである。ATやCVTはアイシン・エィ・ダブリュの事業領域だ。

 アイシングループでは、2020年におけるAT生産1320万台体制構築に向け、グループ一体となって生産体制の拡充を世界各地で行っており、今回の拡張はその一環として実施するものだ。世界的に需要が高まっている多段ATに応えるために、MTのエーアイでもATの生産を始めるということだろう。

 なお、エーアイがATを生産するのは、これまでATの構成部品の生産は行ってきたが、「ユニット」としては初めてだ。

 エーアイ吉良工場の拡張は、2008年竣工の既存工場を増築する形で実施し、2019年5月に竣工、同年11月にATユニット生産を開始し、年40万台の生産を予定している。

<吉良工場の概要>
1. 所在地 愛知県西尾市吉良町友国松下140番地
2. 現在の建屋面積 39,870?u(延べ床面積)※2008年1月竣工
3. 増築面積 13,462?u(延べ床面積)
    (出来上がり後 53,332 ?u)
4. 同投資額 約115億円(生産設備を含む)
5. 同竣工予定 2019年5月
6. 生産品目 現在:マニュアルトランスミッションユニット
    増築部:オートマチックトランスミッションユニット

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る