テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/04
  • Motor Fan illustrated編集部

アイシングループの各種新製品がトヨタ「カローラハッチバック(北米向け)」の燃費向上と走行性の両立に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加
北米仕様のカローラハッチバック(PHOTO:TOYOTA)
トヨタ自動車の「カローラハッチバック(北米向け)」に、燃費の向上と走行性の高さに貢献するアイシングループの各種製品が搭載された。今回発表された「カローラハッチバック」は、走行性能においてトヨタが進めるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture」のもとで開発したプラットフォームを用い、環境性能や走りの基本性能がさらに向上している。

 アイシン・エィ・ダブリュがトヨタ自動車と共同開発した「ダイレクトシフトCVT」は、現行比プラス6%の優れた燃費性能とダイレクトで力強い走りを両立した新型CVT。世界初となる発進用ギヤを採用し、ダイレクトで力強い発進加速性能とクラストップの変速比幅を実現している。ギヤからベルトへの切り替えには、オートマチックトランスミッションの技術で培った高応答の変速制御技術を使用。また、CVTベルトの狭角化およびプーリーの小径化により変速速度を20%向上させ、なめらかな変速とパワフルでリズミカルな走りを実現した。同製品はトヨタ自動車で生産している。

 アイシン・エーアイの「中容量FF6速マニュアルトランスミッション」は、従来型に比べ質量を7kg低減すると共に全長を24mm短縮し、世界トップレベルのコンパクトなサイズにすることで車両の燃費性能向上に貢献している。また、小型化により車両レイアウトの自由度が高まることにより、車両デザイン・安全・走りにも貢献する。さらに、リバースシンクロ機構の追加で、リバースシフトする際のギヤ鳴り防止を実現。また、ドライバーのスムーズな変速操作をサポートするiMT制御への対応を可能としている。

ダイレクトシフトCVT(左)と中容量FF6速マニュアルトランスミッション(右)

 
 
 
 さらに、車両の燃費効率向上に貢献する製品として新開発した、アート金属工業の「エンジン用ピストン」、アイシン高丘の「エキゾーストマニホールド」、シロキ工業の「ウィンドウレギュレーター」が搭載されている。

 「エンジン用ピストン」は、ピストンスカートの表面処理に、従来の微粒子衝突法に替わりレーザー加工技術を用いる表面処理技術で、低フリクション性能を実現した。平滑化した面にレーザーによりクロスハッチ状の細溝を設けることで、低フリクションと耐焼付性を両立させている。
 「エキゾーストマニホールド」は、本車両のエンジン向けに新開発した形状で、集合部をV字に設定し、排気ガスをスムーズに触媒へ導く。また、パイプの曲げ半径を小さくすることによるコンパクト化と薄板材の採用により、20%の質量低減を実現している。
 「ウィンドウレギュレーター」は、従来のプレス品の組み合わせのアーム式レギュレーターからワイヤーによる昇降に変更することにより昇降品質向上と0.6Kgの軽量化を実現した。この構造変更によりドア内スペースもポケットなどに有効活用している。

エンジン用ピストン(左)、エキゾーストマニホールド(中)、ウィンドウレギュレーター(右)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る