テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/05
  • Motor Fan illustrated編集部

新型ジムニーシエラのエンジンは、1.3ℓから1.5ℓへ。K15B型エンジンとはどんなエンジンか?

新型ジムニー徹底解説③エンジン編1 1.5ℓエンジン

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ジムニーシエラは1.5ℓエンジンを積む。
7月5日に発表されたスズキ・ジムニー/ジムニーシエラのメカニズムを解説。次は、エンジンだ。ジムニーシエラのエンジンは、1.5ℓ直4DOHCエンジンのK15Bを搭載する。

 新型ジムニー/ジムニーシエラでもっとも大きな変更点は、エンジンかもしれない。軽自動車のジムニーは、従来のK6A型からR06A型へ変更された。

 ジムニーシエラは、1.3ℓ直4DOHCのM13A型から1.5ℓ直4DOHCのK15B型へ変更された。ここでは、このK15B型を見ていこう。
 新型ジムニーシエラが搭載するK15Bエンジンは先代のM13Aと比べて、重量で14.3kgと大幅に軽くなっている。また、サイズも、全高で23mm、全幅で26mm、全長で21mmもコンパクトだ。

 その前に、まずM13A型のスペックから。

■M13A
エンジン形式:直列4気筒DOHC
エンジン型式:M13A
排気量:1328cc
ボア×ストローク:78.0×69.5mm
圧縮比:9.5
燃料供給:PFI(ポート噴射)
最高出力:88ps(65kW)/6000rpm
最大トルク:118Nm/4000rpm

となっている。
 
 これに対して新型は

■K15B
エンジン形式:直列4気筒DOHC
エンジン型式:K15B
排気量:1460cc
ボア×ストローク:74.0×84.9mm
圧縮比:10.0
燃料供給:PFI(ポート噴射)
最高出力:102ps(75kW)/6000rpm
最大トルク:130Nm/4000rpm

である。出力が14ps、トルクが12Nm向上している。M13A型がショートストロークだったのに対して、新型のK15Bは、ストローク/ボア比が1.07とロングストロークとなった。

 このK15B型は、すでにスズキの海外モデルであるエルティガが搭載している。エルティガ搭載のK15Bのスペックは、

直列4気筒DOHC
排気量:1462cc
ボア×ストローク:74.0×85.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:104.7ps/6000rpm
最大トルク:138Nm/4400Nm

 となっていて、圧縮比がやや高く設定され、出力/トルクともにジムニーシエラ搭載エンジンより若干上回っている。

新型ジムニーシエラが搭載する1.5ℓ直4エンジンのK15B型。当然縦置き用になっている。
K15B型エンジン 上部の箱状に見えるのがエアクリーナー。左に突き出ているのが吸気口だ。インテークマニフォールドは樹脂製。

 新型が搭載するジムニーシエラ用のK15Bエンジンの特徴は、
・過酷な使用環境、オフロード性能、耐水性能、耐雪害性能を考慮した吸気口レイアウトを採った。
・そのため、エアクリーナーをエンジン上部へ設置した。
・樹脂製インテークマニフォールドの採用。
・電子制御スロットル
・ロングノズルインジェクターを採用することで、燃料噴射位置を燃焼室に近づけ、混合気を最適化した。
・慣性モーメントの高いフライホイールを採用
・アルミ製オイルパン
・電動ラジエーターファンの採用
なのである。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る