テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/09
  • Motor Fan illustrated編集部

埼玉工業大学:自動運転技術の大学発ベンチャー設立

このエントリーをはてなブックマークに追加
埼玉工業大学は、私立大学では国内初となる自動運転技術の研究・開発を産学連携で推進するための大学発ベンチャー「フィールドオート」を、6月26日に設立した。

フィールドオートは埼工大の学生も活動に参加する企業で、埼工大のキャンパス内に設置される。社長には埼工大の工学部情報システム学科 教授 渡部大志氏が就任した。
 同社は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験における埼工大の自動運転実証実験の経験・ノウハウを生かし、オープンソースの自動運転ソフトウェアを開発・提供するティアフォーとの連携により、自動運転実証実験のサポートを中心に事業展開する。このような自動運転実証実験に関する産学連携活動の推進は私立大学初。

 フィールドオートは、高齢者等の交通弱者に優しく交通事故のない社会を実現するために、埼工大で研究・開発してきた自動運転の実用化に関する技術・ノウハウを活かして同社事業を推進し、学外移転していく。また、ティアフォー社との協力関係により、同社は、向こう3年間で約30件の自動運転実証実験に関する受託を目指す。

 埼工大は、近年、AI時代に対応し、自動運転技術に関する研究・開発に取り組む中、2017年10月よりSIP-adus大規模実証実験参加機関として、お台場周辺地域にて公道における実証実験を開始した。同学は私立大学としては唯一、世界的な大手自動車メーカーと共に本実証実験を行っている。さらに同年12月には、本学キャンパスの地元、埼玉県深谷市において、県内初の公道による自動運転の実証実験を始めている。
 また埼工大は、AIの時代の人材育成に向けて、工学部情報システム学科にAI専攻を2019年春に新設する予定。

埼玉工業大学学長・内山俊一氏のコメント
「埼工大は平成28年に創立40周年を迎え、その記念事業の一つとして次世代自動車開発プロジェクトを立ち上げました。本学は、私立工業系大学として自動運転に関する先進的な研究開発に積極的に取り組んできた経験と実績を活かして、AI時代に注目の高まる自動運転をテーマに、教育・研究面からAIに積極的に取り組んでいきます。特にAI教育の強化に向けて、工学部情報システム学科にAI専攻を来年2019年春に新設する中、並行する本ベンチャーの活動にも期待しています」


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る