テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/05
  • Motor Fan illustrated編集部

SKYACTIVのV6代替手段は、直4+ターボ過給:SKYACTIV-G 2.5T

世界のエンジン オールアルバム file 027:MAZDA P series:PY-VPR/PY-VPS

このエントリーをはてなブックマークに追加
■PY-VPS
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2488cc
内径×行程 89.0mm×100.0mm
圧縮比 10.5
最高出力 186kW/5000rpm
最大トルク 420Nm/2000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

 直4最大排気量のPY-VPRをベースに過給仕様としたSKYACTIVシリーズ初のガソリンターボ。RON91のレギュラーガソリン仕様のため、オクタン価の低いガソリン使用で問題となるノッキング対策に独自の解決手法を用いている。
 燃焼後の筒内に残った熱い燃焼ガスを素早く掃気するために、バルブオーバーラップにより吸気行程にある気筒の脈動を活用。同時に大量のEGRを導入して広域ストイキ燃焼を実現。EGRはターボの上流から取り出す高圧式とした。
 白眉はダイナミック・プレッシャー・ターボシステムの採用。エキマニの流路を大小2系統として、排気流量が少ない時にはバルブを閉じて小径流路に排気を流して流速を高め、EGRではなく掃気効果を主体にノッキングを防止する。本機構はツインスクロールターボの一種であり、ターボラグの低減にも貢献。ターボチャージャーを効率的に動かすため、ベースエンジンに排気流量の多い2.5ℓを選んだ、「ライトサイジング・ターボ」の日本代表である。

4気筒の180度クランク位相を利用し、隣接した気筒の吸気脈動によって素早く掃気を行なうため、排気管は4-3-1集合。そこからターボまでにバルブで排気流量によって2系統を切り替える。小さい方がバイパス流路。
こちらはベースとなったSKYACTIV-G 2.5。掃気効率を図る4-2-1構造の排気マニフォールドがとぐろを巻く。

■PY-VPR
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2488cc
内径×行程 89.0mm×100.0mm
圧縮比 13.0
最高出力 138kW/5700rpm
最大トルク 250Nm/3250rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In/×

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る