テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/09/17
  • Motor Fan illustrated編集部

オムロンの3D-LiDARが「NVIDIA DRIVE」に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
NVIDIA DRIVEを使った開発環境
オムロン オートモーティブエレクトロニクスの3D-LiDARが、NVIDIA社製の自動運転車開発プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」に対応した。

 この対応により、「NVIDIA DRIVE」を使用した自動運転車の開発をしている車両・システムメーカー各社が、オムロンAEの3D-LiDARと「NVIDIA DriveWorks」を組み合わせた自動運転車向けのアプリケーションを開発することを可能にする。

 同社の3D-LiDARは、自動運転に不可欠な車両前方および車両全周囲の様々な路面や障害物を、広い視野角と高解像度で検知することできるため、世界中の様々な道路環境に適した、信頼性の高い自動運転車両の開発に貢献する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated