Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

ルノー/ダチア:GPF搭載の1.3 TCeエンジン【パリモーターショー2018速報】

  • 2018/10/02
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
Renault 1.3 TCe。カットされた後処理装置内に、GPFを装備している。

ルノー傘下のルーマニアのブランド・ダチア。そのSUVモデル「ダチア」が新エンジンを搭載する。

 新しいエンジンには「1.3 TCe」のペットネームが与えられた。名称から想像できるように、ターボ過給のガソリンエンジンで、筒内燃料直接噴射という近年のトレンドに則った方式。ダイムラーとの協業で仕立てられている。

 気筒配列は直列4気筒、アルミブロックはライナーレスとし、「ボアスプレーコーティング(日産で言うところのミラーボアコーティング)」による溶射コーティングを施している。これにより、熱損失と寸法歪みを抑えるのがねらい。カムトレーンはチェーン駆動+ロッカーアームを用いる。

 今回のトピックがGPFの搭載。ガソリン・パティキュレート・フィルタの頭字語で、直噴による発生不可避の煤(マイクロPM)を捕集する。欧州規制がいよいよ厳しくなり、それに対応するための手段をいち早く取り入れた格好だ。

 ダスターへの搭載にあたっては、130馬力(96kW/5000rpm:240Nm/1500rpm)仕様と150馬力(110kW/5250rpm:250Nm/1600rpm)仕様が用意される。

1.3 TCe。ルノーではH5Htの型式が与えられている。
ダチア・ダスター。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ