テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/21
  • Motor Fan illustrated編集部

ホンダが久しぶりに投入したターボエンジン──L15B T/C

世界のエンジン オールアルバム file 053:HONDA L15B T/C

このエントリーをはてなブックマークに追加
L15B(T/C)
■ L15B(T/C)
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1496cc
内径×行程 73.0×89.4mm
圧縮比 10.6
最高出力 110kW/5500rpm
最大トルク 203Nm/1600-5000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

 2015年登場のL15Bターボ版は、国内向けに2.0ℓのコンベンショナルエンジンを持たなくなったホンダが、代替として開発したダウンサイジングターボである。

 通常は過給圧の上昇にともなって開くウェイストゲートを無負荷では全開にしておき、負荷がかかると閉じる過給制御を用いている。トルクが必要になって過給圧が大気圧に近づくとスロットルは全開になり、出力制御は電動のアクチュエーターが担当。その間スロットルによるポンピングロスはなくなる、という仕掛けである。過給化に際しては、中空ナトリウムバルブの採用、シリンダーボア間への冷却水路の追加、燃焼圧力とスラストを直接受ける棹部のみ熱間・冷間二重の鍛造工程を施すコンロッド等、多岐に渡る対策が施された。

過給化で問題となる熱害への対策は、シリンダーヘッドだけでなくシリンダーボア間の冷却水路の増強、中空ナトリウム封入排気バルブ等が主なもの。TCはシングルスクロールの三菱重工製。
L15C

■ L15C
シリンダー配列 直列4気筒
排気量
 1496 cc
内径×行程 73.0mm×89.4mm
圧縮比
 10.6
最高出力 134kW/5500rpm
最大トルク 240Nm/1900-5000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL IN/×

 L15Cターボ版は、燃料をハイオク仕様として、エキゾーストシステム全体のストレートレイアウト化と、ターボ過給圧を高める専用チューニング(6MT車)により、2.4ℓ・NAエンジンを凌ぐ高トルクを実現する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated