テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/06
  • Motor Fan illustrated編集部

パイオニアの「3D‐LiDARセンサー」を搭載した自動運転シャトルバス、シンガポールにて実証実験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
パイオニア製「3D-LiDARセンサー」が搭載された自動運転シャトルバス(Ngee Ann Polytechnic構内での自動運転実証実験)
パイオニアは、シンガポールの自動運転関連スタートアップ企業MooVita Pteと、シンガポールの高等教育機関である「Ngee Ann Polytechnic(ニーアン ポリテクニック)」構内において、同社の「3D-LiDARセンサー」を搭載した自動運転シャトルバスを使った実証実験を開始する。 両社は、本実証実験を通じて、自動運転レベル4のサービス商用化を目指す。

 MooVitaは、 自動運転に関する技術開発を推進するシンガポールの科学技術庁「A*STAR」(Agency of Science, Technology & Research)出身者により創設されたスタートアップ企業で、 シンガポールのほか、マレーシアやインドにおいて自動運転関連事業を開発、展開している。

「3D-LiDARセンサー」は、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われている。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の「3D-LiDARセンサー」の開発を進めており、2018年9月下旬より、計測距離と画角が異なる「3D-LiDAR センサー」3種4モデルを国内外の企業に順次提供開始している。また、パイオニアは、これらの「3D-LiDARセンサー」を活用した高精度の「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」の開発を進めていく。

パイオニア製「3D-LiDARセンサー」が搭載された自動運転シャトルバス
パイオニア製「3D-LiDARセンサー」搭載イメージ図
パイオニア製「3D-LiDARセンサー」で取得した点群データ
パイオニア製「3D-LiDARセンサー」が搭載された自動運転シャトルバス(Ngee Ann Polytechnic構内での自動運転実証実験)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated