テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/13
  • Motor Fan illustrated編集部

カワサキ製2000psの旋回式スラスタ「川崎レックスペラ」を知っているか?

「川崎レックスペラ」累計生産1000台を達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
川崎重工は、このたび船舶用推進装置である「川崎レックスペラ」の累計生産1000台を達成したと発表した。

「川崎レックスペラ」は、水平方向360度の任意の方向に推進力を得られる全旋回式推進機で、推進機・舵の機能を備えている。高い操船性を得られることから、主にタグボートやサプライボート、特殊作業船、自己昇降式作業台船(SEP船)などに採用されている。

 川崎重工は、1975年に「川崎レックスペラ」の開発に着手し83年に生産を神戸工場で開始した。その後、市場要求に応えるべくラインアップを拡大し、現在、標準シリーズは11型式(410~4500kW)、水中交換式は4型式(3800~6500kW)、昇降式は5型式(590~3000kW)を生産している。

 2013年1月には播磨工場内に専用工場を立ち上げ、生産能力を強化した。18年には推進性能の向上による省エネ化、船内におけるメンテナンス性の容易化、優れた環境性能という特長を有する最新モデルのKST-E型(標準シリーズ)を開発し、初受注している。

□累計生産1000台目の「川崎レックスペラ」の概要
搭載船  タグボート
型式   KST-180ZF/A1(標準シリーズ)
駆動動力 1471kW(2000ps)
プロペラ径 2.2m

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated