テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/17
  • Motor Fan illustrated編集部

日立/日立AS:安全性の高い自動運転の実現に向け、制御システム上のソフトウェアを 高速に変更する技術を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
開発した技術の概要
日立製作所と日立オートモティブシステムズは、産業機器や自動車の自動運転用制御システムにおいて、システム上で動くソフトウェアを高速に変更できる技術を開発した。本技術により、制御システムの機能変更や追加、また、万一の異常発生時においても、ソフトウェアを高速に上書き修正することで、システムを停止せずに動作を継続することが可能となり、産業機器や自動車の自動運転時の安全性や信頼性を向上させる。

 日本をはじめとした多くの先進国では、少子高齢化に伴い、労働力人口の減少や高齢者の移動困難などの社会課題が予測されており、産業機器や自動車の自動運転による課題解決が期待されている。自動運転の普及に向けては、さらなる安全性や信頼性の確保が重要。その際、さまざまな外部環境の変化に応じた制御システムの機能変更や追加、また、万一の異常発生時の対応が必要となるが、従来の制御システムでは機能を柔軟に変更することは困難だった。

 そこで日立は、これまでIT分野で培ってきたソフトウェアを主体とする機器制御技術の知見を生かして、産業機器や自動車の自動運転用に、ソフトウェアにより制御システムの機能を柔軟に変更することができるミドルウェア技術を開発した。本技術では、制御システムの自動運転中に、外部センサーからの入力情報や、入力情報を判断し次の動作を決めるための計算値をバックアップ領域に保存。制御システムの機能を変更する場合には、バックアップ情報を用いて、入力情報の再生や、次の動作を決めるための計算値の上書き修正を高速に実施する。これにより、信頼性や安全性の高い自動運転の実現が可能となる。

 今回、日立と日立オートモティブシステムズは、1/10スケールの実験車両で自動運転を模擬し、本技術を検証した。CPUの故障が発生し機能の変更が必要な状況を模擬するため、実験車両の試験走行時に、ソフトウェアの停止命令を発行し、疑似的に制御システムに異常を発生させても、ソフトウェアを修正して制御を開始するまでの時間が従来比約7倍に高速化し、安定した走行制御を継続できることを確認した。

 今後、日立は、実証実験などを行い、本技術を産業機器や自動車などのモビリティシステムへの適用をめざす。また、日立オートモティブシステムズでは、本技術を搭載した自動運転ECUの製品化について、日立との連携により検討を行い、自動運転システムの普及拡大をめざしていく。

検証に用いた1/10スケールの実験車両

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated