テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/21
  • Motor Fan illustrated編集部

ボッシュ:完全に再生可能なディーゼル燃料をテスト中

CO2 排出量を大幅に削減することが可能

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月初旬より、ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーの送迎車両には完全再生可能ディーゼル燃料が使用されている。「C.A.R.E.ディーゼル」として知られるこの燃料は、主に副産物と廃棄物から合成されている。そのサプライヤーであるToolfuel社によると、C.A.R.E.ディーゼルは「油田から車輪まで(Well to Wheel)」のCO2 排出量をおよそ3分の2、65%削減させることができると主張している。

「再生可能合成燃料は地球温暖化の抑制に大きく貢献できます。再生可能合成燃料は既存のガソリンスタンドで供給することができるので、車両とインフラを置き換えるよりもはるかに早く環境に好影響をもたらします」とロバート・ボッシュGmbHのCEOフォルクマル・デナー氏は述べる。デナー氏にとってその影響は明確だ。「再生可能合成燃料は乗用車とトラックのCO2 フリート規制に組み込まれるべきです」。C.A.R.E.ディーゼルはドイツの大気汚染防止法にまだ含まれていないので、現在一般のガソリンスタンドで入手することはできない。ボッシュは完全再生可能ディーゼル燃料を用いた今回のテストにおいて、この燃料を大規模に導入できるのか、そしてどうすればそれが可能なのかを示すつもりだ。

混合再生可能ディーゼル燃料を自社ガソリンスタンドで提供

 ボッシュは再生可能合成燃料の使用を奨励している。フォイヤバッハ、シュヴィーバーディンゲン、およびヒルデスハイムにあるボッシュ拠点内のガソリンスタンドでは、すでに数週間にわたり、Shell社が製造する認定済み燃料である「R33ブルーディーゼル」がテスト車両と社用車に提供されている。この燃料には最大33%の再生可能物質が含まれている。そのため、これら3拠点のガソリンスタンドで定期的に給油する1,000台以上の社用車のCO2 排出量を、「油田から車輪まで(Well to Wheel)」で最大20%削減することが可能だ。それに加えて、ボッシュはドイツ全土のすべての自社ガソリンスタンドにおいて、社用車および社内配送車両向けに再生可能合成燃料を提供することを目指している。またボッシュは、バッテリー駆動電気自動車を徐々に保有車両に取り入れている。

ディーゼル車の減少により欧州の道路交通からのCO2 排出量が増加

  全世界のCO2 排出量の18%を占める道路交通も温室効果の要因となっている。これについて、進展も見られた。
 ドイツ国内で新車登録された車両のCO2 排出量は2007年と比べて4分の1に減少した。しかし、欧州の道路交通によって排出されるCO2 の量が再び増加している。その理由のひとつが新車登録されるディーゼル車の割合が減少していることだ。

 ディーゼル車はCO2 排出量に関してガソリンモデルよりも大きな利点がある。ディーゼルモデルのCO2 排出量は、同等のガソリンモデルと比べて平均で約15%低い。「温室効果ガスの排出量をさらに減らすには、eモビリティに加えて、ディーゼルおよび再生可能合成燃料といったその他のソリューションが必要です」とデナー氏は述べる。再生可能合成燃料が欧州の乗用車で広く使用されれば、それだけで2050年までに2.8ギガトンのCO2 を減らすことができるだろう。しかもこの計算式には電動化された車両は考慮されていない。この数値は2016年にドイツ国内で排出された二酸化炭素の量の3倍である。

 ボッシュはこれまでかなりの間、再生可能合成燃料を研究してきた。フューエルポンプやインジェクターなど、ディーゼルエンジンに燃料を供給するボッシュのコンポーネントは厳格にテストされている。そのため自動車メーカーは、そうしたコンポーネントを再生可能合成燃料で使用するために再検討を行う必要はない。

輸送をできる限り資源に配慮したものに

  ボッシュは先入観を持たずに将来のパワートレイン テクノロジーに取り組み、実質的に排出ガスのない走行というビジョンに全力を注いでいる。内燃機関の改善を続ける一方、eモビリティ市場で主導的役割を果たすことも目指している。

 ボッシュは長年の研究開発を経て、2018年4月に新しいディーゼル技術を発表した。この技術はディーゼル車のNOx排出量を2020年に導入予定の規制値(1km走行あたり120mg)よりも大幅に低い値まで削減し、しかもいかなる実際の交通状況下においてもそれを可能にする。
 こうした結果は大幅に変更したエンジンおよび、エミッション低減のために最適化したテスト車両により達成された。テスト車両には、つい最近市場に導入された最先端の技術とコンポーネントも搭載された。先進的な燃料噴射技術と新開発のエアマネジメント システム、そしてインテリジェントなサーマルマネジメントを組み合わせることで、このような低い値を可能にした。ボッシュの顧客はこのシステムのノウハウを利用し、将来の量産車の開発に取り入れることができる。

再生可能C.A.R.E.ディーゼルに関するQ&A

▶︎C.A.R.E.ディーゼルとは何ですか?
C.A.R.E.ディーゼルは、主に副産物と廃棄物、リサイクルされた食用油、グリースなどから作られる完全再生可能燃料です。従来のディーゼル燃料、すなわち化石燃料を含みません。フィンランドの石油会社でありバイオ燃料メーカーでもあるNeste社がC.A.R.E.ディーゼルを製造し、同社のパートナーであるToolfuel社がドイツ国内で流通させています。Toolfuel社の登録商標であるC.A.R.E.は、「CO2 Reduction, Arctic Grade, Renewable, Emission Reduction」(CO2 削減、厳寒等級、再生可能、排出ガス削減)の略称です。

▶︎ボッシュはC.A.R.E.ディーゼルの使用から何が得られると期待していますか?
ボッシュは内燃機関を最適化するためにあらゆる努力を重ねており、ディーゼルパワートレインが道路交通におけるCO2 排出量の削減に役立つと信じています。車両がC.A.R.E.ディーゼルなどの再生可能パラフィン系燃料で走行すれば、CO2 排出量の削減幅はさらに大きくなり、そのことが環境保護と資源保全に役立ちます。

▶︎CO2 排出量が65%しか削減されないのはなぜですか?
ここでのCO2 の利点は、廃棄物を燃料に転換する際に生じるCO2 排出量のみが考慮されることです。廃棄物自体はすでに存在しているため、CO2 ニュートラルとみなされます。

▶︎車両をC.A.R.E.ディーゼルで走らせるにはどのような技術的改良が必要ですか?
C.A.R.E.ディーゼルはパラフィン系燃料なので従来のディーゼル燃料よりも密度がわずかに低く、着火性に優れます。それゆえ、規制当局はパラフィン系ディーゼル燃料に関する追加基準EN 15940を策定しました。EN 590基準は、従来のディーゼル燃料に適用されます。各メーカーは、EN 15940に準拠した特性の燃料をそれぞれの車両に使用できることを個別に承認する必要があります。これは、コンポーネントの互換性、燃焼最大圧力の潜在的な増加などを最初に調べる必要があるため重要です。

▶︎C.A.R.E.ディーゼルが普通のガソリンスタンドで提供されるのはいつからですか?
すでにさまざまなテスト車両がC.A.R.E.ディーゼルで走行しています。現時点では、欧州全域のガソリンスタンドに供給できるだけの量のC.A.R.E.ディーゼルを用意することができません。また多くの国では一般のガソリンスタンドで販売される燃料を法律で規制しています。ドイツを含めこうした国では、EN 15940基準がまだ承認されていません。大気汚染防止に関するドイツ法 第10版にEN 15940を取り入れるかどうかはまだ決定されていません。

▶︎ガソリンスタンドで1リットルあたりのC.A.R.E.ディーゼルの価格はいくらになりますか?
まだ承認されていないので、現在C.A.R.E.ディーゼルはガソリンスタンドで販売されていません。1リットルあたりのC.A.R.E.ディーゼルの価格は従来のディーゼル燃料よりも少し高くなります。この価格上昇は製造コストによるものです。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated