テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/24
  • Motor Fan illustrated編集部

マグナ:シーティング機能強化のためVIZA社を買収

このエントリーをはてなブックマークに追加
マグナ、VIZA を買収し、シーティング機能を強化
未来に備えた追加機能が可能なシーティングソリューションを提供することは、新しいモビリティが消費者の車の利用方法に変化を与えている今、非常に重要になる。このような機能性は、シート構造から始まる。この分野のマグナの能力をさらに向上するために、マグナは、スペインのVIZAGecaSLの買収をすることで基本合意に至った。VIZA社は、生産拠点を4拠点擁し、2017年度の売上高は1億2,500万ユーロ。各規制当局の承認が下り次第、2019年第1四半期末までに、買収が完了する見通しだ。

 VIZA社は、フォルクスワーゲン、PSA、ルノー日産などの顧客にシート構造技術やフロアラッチシステムや折り畳みシートなどの製品を納入している。VIZA社の73年の歴史と経験は、新しいモビリティーを見据えた配置変換自由なシートソリューションの開発を進めるにあたり、有益になる。
 マグナシーティングのプレジデントであるMike Bisson氏は「私たちは、たくさんの資本投資が必要な構造製品に重きを置き、戦略的且つ慎重にシート事業を拡張してきました」とし「VIZA社の深い知見と欧州での拠点数は、特に欧州での成長と競争力向上のさらなるサポートになります」とコメントしている。
 規制当局からの承認が下りると、マグナは、VIZA社のスペインとチェコ、モロッコ、メキシコの4拠点と1,100名以上の従業員をマグナに迎えることになる。
 マグナのシート事業は、イノベーションと品質で自動車メーカーと消費者に認知されており、現在、世界各地に6つのR&D拠点と50の生産拠点を擁する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated