Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

ジープ チェロキーの2019年モデルに採用されたマグナの熱可塑性プラスチックバックドアが魅力的なソリューションと証明される

  • 2018/12/24
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジープ チェロキー 2019 年モデルに採用された技術がさまざまな 自動車業界のアワード受賞

ジープチェロキー2019年モデル用にFCA社と共同開発したマグナのリサイクル可能な熱可塑性プラスチックバックドアは、欧州と北米のSPE(Society of Plastics Engineers)自動車イノベーションアワードのボデー・外装部門最高位やCAMXの最高イノベーションアワードなど、数々の自動車業界を代表するアワードを受賞した。

 マグナエクステリアのバックドア担当グローバル製品ラインディレクターであるRiad Chaaya氏は、「FCA社と協力して取り組むことにより、従来のスチール製バックドアから熱可塑性プラスチックバックドアへの移行のサポートを、わずか約18か月という期間で行うことができました」とし、「これにより、28%の重量削減に成功し、デザインの自由度も大幅に増しました」とコメントしている。

 このチェロキーのバックドアモジュールは、熱可塑性プラスチックバックドア量産プログラムとしては初の大量生産プログラム。また、構造性能、生産性、寸法精度を上げる赤外線溶着を外装面の裏側に使用しているのも業界初。
 生産の視点から言うと、熱可塑性プラスチックバックドアを採用することにより、バックドアモジュールの製品の複雑さが軽減され、初期投資も削減、また、マグナがバックドアの完成品を納品することから、完成車生産ラインの生産能力アップなどのベネフィットが自動車メーカー側で期待できる。

ジープ チェロキーMY19(PHOTO:CHRYSLER)

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ