テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/11
  • Motor Fan illustrated編集部

東芝デバイス&ストレージ:車載向け画像認識AIプロセッサ「Visconti 5」のDNNハードウェアIPを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
画像認識プロセッサ Visconti
東芝デバイス&ストレージは、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転機能の実現に適したDNNハードウェアIPを開発した。今後、同ハードウェアIPを画像認識AIプロセッサ「Visconti 5」に実装し、2019年9月からサンプル出荷する予定。

 今回開発したIPは、深層学習した結果を用いることで、従来のパターン認識や機械学習よりも多様な対象物を高精度に認識できる。これにより、多様な交通標識、道路状況の把握を低消費電力で高速に実行可能。DNNハードウェアIP(*)を実装した「Visconti 5」は、次世代先進運転支援システムへの採用を目指す。

 自動ブレーキなど運転支援システムは、高級車から軽自動車まで幅広い車種で採用され始めている。一方、欧州における自動車の安全性に関する評価プログラム「Euro-NCAP」の2020年版では、交差点や出会い頭での衝突回避試験が追加され、より高度な運転支援システムへの需要が高まっている。

Visconti™5の仕様

* DNN:Deep Neural Networkの略語。人間の脳の神経回路をモデルとしたアルゴリズム(計算手法)のこと。
* IP:Intellectual Propertyの略語。システムLSIを構成する機能回路ブロックのこと。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated