テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/03/14
  • Motor Fan illustrated編集部

東芝インフラシステムズ:JR西日本の新型車両に3.3kV All-SiC素子採用の駆動システムを納入

このエントリーをはてなブックマークに追加
227系1000番代車両
東芝の分社会社である東芝インフラシステムズは、西日本旅客鉄道(JR西日本)の新型車両である「227系1000番代」車両向けに、3.3kV All-SiC(シリコンカーバイド)素子を適用した車両制御装置をはじめ、主電動機、デジタル伝送装置、空調装置などの電気品を納入した。これらの製品を搭載した227系1000番代車両は、3月16日に和歌山線・桜井線(紀勢本線の一部を含む)で運行が開始される予定。
車両制御装置

 車両制御装置は、2台の主電動機を駆動するVVVF(注)インバーター装置と、空調などのサービス機器および制御機器に電源を供給する補助電源装置で構成され、JR西日本向けとしてはこれまで321系、225系等の車両向けに納入してきた。今回の227系1000番代車両では、VVVFインバーター装置の素子として、従来のSi(シリコン)に代わりSiCを用いている。
注:Variable Voltage Variable Frequency(可変電圧可変周波数制御)

 All-SiC素子は、高温での動作が可能、導通損失とスイッチング損失が少ないなどの特長がある。これらの特長を活かした制御により、システムの高効率化を実現した。さらに主電動機には高効率、省メンテナンス、低騒音の全閉式かご形三相誘導電動機を用いている。
 
 東芝グループは昨年11月に発表した「東芝Nextプラン」において、All-SiC素子をはじめとしたパワーエレクトロニクス領域を成長事業と位置づけている。SiC素子は鉄道システムの省エネ化及び装置の小型軽量化に貢献できることから、今後の市場拡大が期待されている。

全閉式三相かご型誘導電動機
3.3kV All-SiC素子(東芝デバイス&ストレージ株式会社が開発・製造)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated