Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース
  4. ターボチャージャー(Turbo Charger)

豊田合成が開発した樹脂軽量ターボダクトで重量半減 新型トヨタ・ハイエースのターボダクトは、なんと樹脂製! 豊田合成が開発

  • 2019/03/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田合成は、クルマの環境性能向上に寄与するため、エンジンに空気を送るターボダクトを樹脂化し、重さを半減した。この「樹脂軽量ターボダクト」は、2019年2月にトヨタが発売した海外向けの新型ハイエースに採用されている。

 ターボダクトはエンジンの出力を高めるために圧縮した空気を送るパイプで、高い耐圧・耐熱性能に加え、エンジンの振動を吸収する性能が必要とされる。そのため従来は金属やゴムなど複数のパイプで構成されていた。
 今回、豊田合成は、長く複雑な形のパイプを成形できるサクションブロー工法を新たに導入し、ターボダクト全体を樹脂で成形、約5 割の軽量化を実現した。材料に軟質樹脂を採用したほか、パイプの一部を蛇腹形状にするなど設計を工夫することで、耐圧・耐熱や振動吸収の性能を確保した。

 ブロー成形とは金型に流し込んだ樹脂に空気を吹き込んで中空形状を作る工法で、ペットボトルなど身近な製品にも用いられる。「ブロー成形」と「吸引」を組み合わせた工法が「サクションブロー成形」。金型の上から流し込んだ樹脂を下から吸引することで、金型内の複雑で長い空洞部に行き渡らせたうえで、空気を吹き込んで中空形状を作ることができる。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ