テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/05/22
  • Motor Fan illustrated編集部

旭鉄工:シフトフォークの材料置換に挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
前列が開発品のマグネシウム製。手前が加工したままのもの、奥が表面処理を施したもの。後列は同等品のアルミ合金製。

 シフトフォークの素材は鍛造スチールあるいはアルミ合金が主流。そこをさらに軽量化するために材料置換を図った。現有の技術を用いて軽量化が実現できないかというのが開発のポイントのひとつ。参考展示品にはCFRP製というとてつもないものも含まれていたが、現在積極的に開発を進めているのがマグネシウム製シフトフォークである。

 同等の剛性値比較で、アルミ合金製に対しておよそ65%という重量。著しい軽量化を実現している。では鍛造品と比べてはいかがかとうかがったら、同じクラスではないもののという断りはあったものの、42%と半分以下の重量比であった。現在主流の6速MTなら最低でも4つのシフトフォークが存在するわけで、相当の軽量化が見込める。

 課題は、製造時の発火。ご存じのようにマグネシウムは燃えやすい性質を持つため、生産工程における安全性の担保が必要だという。製品としての強度と剛性は同程度を実現できているというので、どのように作るかをこれから詰めていくようだ。

重量比較。左がマグネシウム製、右がアルミ合金製。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated